読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病のブログです。

週一の食べ歩き・第2回「東木」

グルメ 金沢 旅行・観光

スポンサーリンク


金沢駅前徒歩5分の此花町にある「日々魚数寄 東木」行ってきました。 結論から言うと最高でした。味、香り、見た目、酒、コスパ、器…三拍子も四拍子も揃ったお店です。

過去最高にオススメな日本料理店

アクセスも良く観光客にもオススメです。 金沢全体がキャパオーバー気味で、ここも予約は取りづらいですが運良く行けました。

お昼は格安のランチを提供していますが、夜は2種類のコースのみ。 安い方の全10品のコースを注文して、食事にかかった時間は3時間超。 こじんまり落ち着ける店内で雰囲気も最高、ゆっくり食事を楽しめて大満足でした。

羽咋市の日本酒「遊穂」

UFOで町おこしを狙ってる羽咋市のお酒で、銘柄が遊穂(ゆうほ=UFO)という語呂になっています。 この日は有機栽培米で作られた季節限定バージョンがありました。 おちょこが選べます。

一品目。柚子の香りでお出迎え

アチャラ漬け。「アチャラ」はポルトガル語由来とか

のどぐろの蒸し寿司

刺身

サバ。醤油につけず、付け合せだけで食べる。

アナゴとキノコの汁物

焼きサワラとイチジク

骨董のお皿に盛られた鯛

甘鯛の骨酒。鯛の頭を煮だした日本酒(「黒帯」)です。 こってり重いお酒なので、料理の後半に注文。

牡蠣(だったかな…)とキノコの揚げ物

寿司6貫。半分撮り忘れ

口直しの柚餅子と貴醸酒

組み合わせが絶妙

一皿いくらと計算すると、食べる方が罪悪感を感じるまでのコスパ。 小さいお店で、この値段でやっていけるのか心配になります。 雰囲気がすごく自分好みでファンになりました。また行く予定です。