YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

Fire TVにGoogle Playのアプリをインストールする最短の方法

スポンサーリンク

本来、FireTVはAmazonアプリストア経由の限られたアプリしかインストールできませんが、開発者モードにすることでストアを経由せず、手動でアプリをインストールすることが可能です。

目次

基本的な作業の流れ

  1. FireTVの開発者モードをONにする
  2. apk(アプリのパッケージ)抜き出し、FireTVに転送・インストール

となります。 (2)はいろんな方法がありますが、今回はGoogleストアの「Apps2Fire」というアプリを使います。

FireTVとは別にスマホ・Android端末が必要ですが、すごく簡単にアプリを転送できます。 Amazon Fire TV stickと格安スマホで確認しました。

「Apps2Fire」の使い方

FireTV側の設定

「設定 > 開発者オプション」から"不明ソースからのアプリ"をONにします。

その後、FireTVの「設定 > システム > バージョン情報 > ネットワーク」からFireTVのIPアドレスをメモします。

スマホ・Android端末側の設定

Apps2Fireをインストールします。 使用はくれぐれも自己責任でお願いします。

Apps2Fire 元の - Google Play の Android アプリ

というのはApps2Fireは問題なさそうだったんですが、その前に試した「ESファイルエクスプローラー」が、けっこう怪しい動きをするアプリでした。 怪しいけど、確実に転送できるのでそっちを使うのも全然アリです。 ただし、直接の害は無いと思うんですが「ESファイルエクスプローラー」はスパイウェアの疑惑がある点だけご注意ください。

スマホでApps2Fireを起動して「Setting」から、メモしたFireTVのIPを入力します。

"LOCAL APPS"から、スマホにインストール済みのアプリ一覧を表示。

一覧のアプリをタップすると、FireTVに転送できます。 写真だとティーバー(TVer)をインストールしています。

”Install Success”と表示されると転送成功です。 成功するときは早いんですが、たまに失敗していつまでたってもインストールされないときがあります。そういうときはアプリを再起動して再挑戦するとインストールできました。

Apps2Fireインストールしたアプリは「設定 > アプリケーション > インストール済みアプリケーションを管理」から起動できます。もっと楽に起動したくなったら、こちらの記事をお読みください。

ためしに「TVer」をインストールしてみる

TVerと、ほとんどのアプリでBluetoothマウスが必要になります。 「設定 > コントローラーとBluetooth端末 > その他のBluetooth端末」からマウスを接続します。

一覧画面は横長で表示されますが、動画は大丈夫でした。

ただし、エラーが出て再生できない動画もいくつかあります。 テレビ局のサイトに誘導されたり、別のアプリのダウンロードを促される動画が再生できないようです。

インストールして使えたアプリ・使えなかったアプリ一覧

実際には転送してみてもFireTV上では動かなかったり、マウス・キーボードが必要なアプリも多くありました。 「インストールして使えたアプリ・使えなかったアプリ」は次回まとめて紹介しています↓

matagotch.hatenablog.com

関連記事

matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com