YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

冬の沖縄に長期滞在。マンスリーマンション、レンタカーの費用とか

スポンサーリンク

去年から移住した金沢は最高だけど、唯一、冬の日照不足だけは我慢できない! 最初の冬だけは、贅沢をして沖縄のマンスリーでロングステイしてみました。

目次

実は、沖縄のマンスリーマンションは冬がハイシーズン

不動産屋さんによると、自分のような考えは特別でなく、冬場の利用客は石川や長野の人が多いとのこと。 不思議と秋田とか東北の人は少ないそうで、「そこまで寒い地域になると開き直れるんでしょうか?」と逆に質問されました。

冬がハイシーズンとはいえ最近のホテル不足もあって、去年の夏は外国人客でいっぱいになったそうです。

また、花粉症の原因となるスギやヒノキ、ブタクサが無いとのことで、花粉症に苦しむ人も沖縄へ療養に来たり、移住したりするのだとか。

マンスリーマンションの家賃

那覇の都心、駅前の家具・食器・洗濯機が備えられたキッチン・ロフト付きのワンルームを借りました。

家賃が6,5万円。 手数料1万円、清掃代1.3万がプラスされて合計8.8万円。 これに電気・ガス・水道代が実費払いです。

建物がコンクリート打ちっ放しでおしゃれなぶん、備品の安さが気になる部屋です。

沖縄でこの値段は高いなーと思うので、次回からはAirBnBや地元の不動産屋で安い物件を地道に探します。

高くついたぶん手間いらず。ネットで見つけて電話一本で予約、夜遅くに提携ホテルのロビーで鍵を受け取り即入居。 着の身着のままやって来て、自炊のゴーヤチャンプルーをいただけます。

泊港から国際通りにかけて、一泊あたり千円台の格安ホテルや民宿・ゲストハウスが並んでるので、一人ならそのへんに宿泊しても楽しそうです。

レンタカー(カーシェア)の利用料金

那覇市内にも、普段から利用しているオリックスカーシェアのステーションがたくさんあります。 油断して使いまくったら結構な費用で後悔しました。

例えば、美ら海水族館まで行くのに半日(12時間プラン)借りるだけで7千円超えます。 ニコニコレンタカーなら任意保険付き、ガソリン代合わせて4千円くらいです。

地元のレンタカー会社なら、マンスリーだと軽自動車・小型車が月3万前後で借りれます。最初から駐車場とセットで借りた方がお得です。

沖縄レンタカー マンスリー ウィークリー 格安 お得プランの沖縄美ら海レンタカー

クロシマレンタカー 宜野湾 沖縄 格安 月額15000円

どれだけ車の維持費を下げられるかが、地方移住のキモ

せっかく家賃の安い地方に引っ越しても、差額ぶんは車の維持費に消える……という金沢の経験から学ばず、今回もレンタカーの見積もりを忘れていました。

次にロングステイする時は、郊外の駐車場付き格安物件とレンタカーをマンスリープランで借ります。

天気。「40年に一度の寒波」でも大丈夫

今年、沖縄初の降雪が観測された2016年でも、「冬」と呼べる寒さを感じたのは3日間だけでした。

冬がなく、春と秋を行ったり来たりするような天気です。 風が強く曇りがちですが、パーカーを羽織るだけで心地よく過ごせます。 暖房も必要ありません。

国際通りは観光客でいっぱいです。

東京に積雪があった日の残波岬で、水着の外国人が泳いでいます。 冬でもカヌーやパドルボートで遊べます。

旅のお役立ちグッズ

マンスリーじゃなくても旅行に必ず持ち歩くアイテムです。

携帯ウォシュレットは必携!

ノイズキャンセリング・ヘッドホンで、飛行機・電車の移動が苦じゃなくなります。 部屋にいる時間が長くなるので、ポータブルスピーカーで音楽を流しっぱなしにしてます。

FireTVで、レンタルビデオ店に行かなくてもテレビで映画が見れます。Amazonプライム・ビデオで「007」とか、リゾート気分に持ってこいです。

Kindleはふだんから持ち歩いています。たまにiPadで気分を変えたりします。 その他、写真に写っていないところでパソコン・スマホ・デジカメがあります。

まとめ・気をつけたいこと

水が合わず、ペットボトルの水を飲むようにしたらお腹の調子が戻りました。 沖縄の水は硬度が高く、「日本一まずい」という人もいます。 ダイエットとかにふだん硬水を買って飲んでる人には逆にお得です。

食べ物も、沖縄料理が好きじゃないと辛いかもしれません。 手に入る食材が違うので、自炊に頼るのも限界があります。 柿ピー買いに行って、わさび味がなかった時の落胆ときたら。

湿度が高いので除湿に注意が必要です。 換気を怠ると、1日を経ずコンクリの壁にカビが生えます。

Amazonの配達に最短3日はかかるので、必要なものは後で注文するのではなく、なるだけ持ってきた方が快適に過ごせます。