YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

青柏祭・七尾市の観光ガイド

スポンサーリンク

石川県のゴールデンウィークの一大イベントといえば能登方面は七尾市「青柏祭」と、加賀方面の能美市「九谷茶碗まつり」がオススメです。 GWは終わっちゃいましたが、さいきん勢いを感じる七尾市の最新・観光スポットをまとめてみました。

目次

お祭り・イベント

「青柏祭」

七尾市といえばこの祭り「青柏祭」。毎年ゴールデンウィーク中(2017年は5月3日~5月5日)に開催されるお祭り。

3階建の家に匹敵する巨大な3つの曳山(山車。通称「デカ山」)が街を練り歩く姿は必見のお祭り。 観光客も自由参加で引っ張れます。

青柏祭は3台の曳山が勢揃いする時間(2017年は4日と5日の正午辺り)が見頃。特に最終日の正午がクライマックスなので、観光ならここの時間帯に訪れるのがオススメです。

交通アクセス

この記事で紹介するおすすめスポットの中には車が必要な場所もありますが、青柏祭と主要な韓国スポットは駅近くに集中しているので、移動の足は電車だけでOKです。

JR金沢駅からJR七尾線の七尾駅に特急電車サンダーバードで1時間くらい。 各駅停車だと1時間30分から2時間を見込むと良いと思います。

普通料金は1,210円、特急と普通合わせた料金は2,780円です。

地図を見ると一見、富山からも行けそうな気がしますが、富山からの公共交通機関はあまり整備されていないので、金沢方面から行くのがおすすめです。

七尾市の地理

平成の市町村合併の結果、七尾市はだいぶ広くて、観光エリアは大きく

  • 七尾市街
  • 和倉温泉
  • 能登島
  • 中島町

などに分けられます。

この記事で紹介するスポットを地図にまとめました。

観光スポット

能登食祭市場

七尾に来たらまずはココ。七尾駅から徒歩15分程度。 市場で買った鮮魚をその場で食べられる浜焼がおすすめ。 おみやげも充実しています。

www.shokusai.co.jp

一本杉通り

「高澤ろうそく店」「鳥居醤油店」、雑貨点「歩らり(旧上野啓文堂)」、昆布の「しら井」などが立ち並ぶ七尾観光の中心地。

ipponsugi.org

グルメ

幸寿し

七尾を代表する寿司の名店です。文句なしの激ウマ・格安・要予約。

http://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17000352/tabelog.com

ICOU

酒蔵を改装した建物が観光地と化しているカフェ。ランチがお得。

http://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17008185/tabelog.com

一歩

激安・ボリューム満点の定食が地元の人に大人気の居酒屋。 混んでいるけど予約すれば、ほぼ確実に食べられます。

http://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17007633/tabelog.com

チェルキオ

七尾駅から歩いて5分にある本格派ジェラート。

http://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17006103/tabelog.com

月とピエロ

民家の片隅でやっているパン屋さん。 方向性としては東京・世田谷「シニフィアン・シニフィエ」? 街の中心部からは離れているのでアクセスは車のみ。石川県で一番好きなパンですが、道がわかりにくく不定休が多いので遠来の観光客にはオススメできません。

http://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17009744/tabelog.com

欅庵(けやきあん)

ここも住居兼店舗の手打ちそばのお店。21世紀の食べ物屋さんはこういう形でないと、という気がします。

http://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17000991/tabelog.com

ミュゼドアッシュ

東京の自由が丘「モンサンクレール」を経営する七尾市出身の有名パティシエ、辻口博啓のカフェ&ミュージアム。 和倉温泉・総湯から歩いていけます。

http://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17000223/tabelog.com

能登島サンスーシィ

能登島のフレンチ食堂。 地元の食材にこだわったランチもリーズラブルでおすすめ。 能登島には水族館とダイビングスポットもあります。

かき処「海」

中島は毎年、冬の一番寒い時期に「牡蠣まつり」をひらいている牡蠣で有名な町です。

http://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17003179/tabelog.com

あめや

飴(アメ)屋じゃなくてウナギのお店です。建築家・中村好文デザインのお店も見どころのひとつ。

http://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17002122/tabelog.com

おみやげ

昆布の「しら井」

金沢のひがし茶屋街にある支店も人気。

http://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17001554/tabelog.com

なまこや

ナマコの腸の塩辛「このわた」、ナマコの卵巣干し「くちこ」などのマニアックな海鮮珍味のおみやげで驚かせたいなら和倉温泉のこのお店。

http://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17006864/tabelog.com

温泉

和倉温泉総湯

日本一の旅館「加賀屋」で知られる和倉温泉の総湯です。 営業時間7:00〜22:00。入浴料は大人440円(タオル210円)。

www.wakura.co.jp

ひょっこり温泉・島の湯

能登島にある温泉。ビーチとつづいているので、夏は海で遊んでから入れます。

能登島 ひょっこり温泉 島の湯

エンタメ

のとじま水族館

島の水族館です。能登島では野生のイルカウォッチングもできます。

www.notoaqua.jp

七尾市へのアクセス

車での移動をおすすめします。輪島方面へも遊びに行けます。

関西方面からはJR「特急サンダーバード」

大阪駅から和倉温泉駅まで、特急で3時間弱です。

関東から「金沢駅」経由で「JR七尾線」乗り継ぎ

金沢から特急なら1時間、普通電車だと1時間30分ほどかかります。

関東から「新高岡駅」経由でレンタカー

金沢に立ち寄らなくて良いならこのルートが最速かもしれません。 2015年全線オープンしたばかりの「能越自動車道」で七尾〜氷見間が自動車で1時間です。

途中、氷見市の道の駅に立ち寄るのがオススメコース。 道の駅とは名ばかりの市場から温泉、グッドデザイン賞を受賞した博物館?まである複合施設です。

まとめ

北陸新幹線開通2年目に入って客足は衰えるどころかますます増えています。 リピーター向けによりマニアックな情報をと思い、輪島や金沢と比べて知名度で劣る七尾市の情報をまとめてみました。

青柏祭の曳山行事がユネスコ無形文化遺産登録されたとはいえ、まだまだ七尾市の知名度は高くないんですが、訪れるたびお店が増えていて良い雰囲気です。 GWに遊びに行った時はコワーキングスペースまで発見しました。

こちらもオススメ

同じゴールデンウィーク期間に石川県で開催中のお祭り記事↓ matagotch.hatenablog.com

こちらは同じ七尾で夏から秋にかけて開催されるクラフトマーケットの記事です。 matagotch.hatenablog.com