読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病のブログです。

「クラフトフェアまつもと2016」行ってきた

グルメ 旅行・観光

スポンサーリンク

先週の土日は日本最大級の工芸イベント「クラフトフェアまつもと」に行ってきました。

会場規模の大きさもさることながら、松本市内も見どころ満載で二日間ではとうてい回りきれませんでした。 これは来年も行かないと……ということで、今回、行ってよかったところ・行きたいところをまとめてみました。

アクセス

会場は長野県松本市です。

コンパクトな街なので電車と歩きでOK。「松本駅」から会場「あがたの森公園」まで徒歩20分程度、途中の市街もいろいろやってるので歩くのも苦になりません。 マイカーは使わないほうが親切だけど、駅周辺に駐車して歩いても行けます。

バスDAYについて - 松本クラフト推進協会

おすすめ観光スポット

せっかくなので文化の香りがする素敵な街中も探索しました。

松本市美術館


草間彌生の生誕地ということで常設展がある。この日の特別展は民藝運動で知られるバーナード・リーチ展。

松本民芸感


ちょっと離れたところにあるので車が必要。 ここでも作家さんがわりとお店をだしていました。

しづか


民藝品に囲まれた居酒屋。食事もさることながら、店内の装飾がみどころ。ランチもお得。

しづか - 食べログ

珈琲まるも

民芸家具とコーヒーの名店。宿泊もできます。 r.gnavi.co.jp

六九クラフトストリート

メイン観光ストリートの縄手通り商店街の反対側、「ミナペルホネン」のある通りもおしゃれなお店が集中している。

六九クラフトストリート 松本 2016 – monbus

民芸の宿 旅館すぎもと

滞在中に知った、民芸家具の旅館。次はここに泊まりたい。

ryokan-sugimoto.com

まとめ

器・箸・フォーク・スプーンなど食器はもちろん、iPhoneの革ケースとかバッグ、腕時計、ランプシェードなど欲しいものはたくさんあったんですが、初日に歩きすぎて2日目は足腰が立たず、思うように買い物ができませんでした。

覚えておいた作家さんのネットショップを覗いて見てもオンラインの方は品揃えもぜんぜん薄く、貴重な機会を逃したと後悔しきり……次回は計画的にまわろうと思います。

(出展作家の一覧はコチラです。)