読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病のブログです。

ポメラDM200からSNSに投稿する方法

ポメラ

スポンサーリンク


新型ポメラ「Pomera DM200」にはWiFi機能が搭載されています。

メール送信機能とIFTTTというWebサービスをつかってポメラから直接Twitterへツイートする方法を紹介します。

IFTTT(イフト)とは?


IFTTTは別々のWebサービス同士をつなげてあたかも一つのサービスのように統合・連携させることができるサービスです。

IFTTTの使い方(Twitterの例)

IFTTTには「レシピ」と呼ばれる、あらかじめ他の人に作られた便利なサービスがあります。 すべての「レシピ」は動作が起きるきっかけ(Trigger・トリガー)と、トリガーが発生した時の動作(Action、アクション)の2つの設定で構成されています。

今回は「特定のアドレス宛にメールが送られたら」「その内容をツイートする」レシピを利用します。

IFTTT Recipe: Send an e-mail to IFTTT (with #twitter in the subject) to post the e-mail body to Twitter. connects email to twitterifttt.com

IFTTTに登録後、上のレシピを追加してツイッターのアカウントを連携するだけでIFTTT側の設定は完了です。

ポメラからメールを送信する


ポメラで投稿したい内容を書き、ファイル名に「#twitter」の文字を含めて保存します。


ポメラのメニュー「アップロード」から「 trigger@recipe.ifttt.com」宛にメールを送信すると本文がツイートされます。宛先は保存できるので次回から入力の手間が省けます。

「開始」を押すとメールが送信されます。


投稿できました。ほかのレシピをつかえばFacebookに投稿したり、Slackに流したり、Dropboxに保存したり、長文テキストサイトのMediumに投稿したりと使い方は工夫次第で無限大です。

まとめ

Facebook投稿用、Twitter投稿用などファイルを切り替えれば楽々投稿できます。 実用度は低いかもしれませんが設定は簡単で、なによりすごく楽しいのが素敵です。

ブログへの投稿方法も別記事で解説しています。