YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

アマゾン「Prime Reading」開始。同じ定額読み放題サービスのKindle Unlimitedを解約してみた

スポンサーリンク

Amazonプライム会員なら無料で利用できる定額読み電子書籍放題の新サービス「Amazon Prime Reading」をアマゾンがスタート。Kindle Unlimitedユーザーによる比較レビュー記事です。

アマゾンPrime Readingとは?Kindle Unlimitedとの違い

Kindle Unlimited」はアマゾンが以前から行なっていた月額980円の定額電子書籍読み放題サービス。Kindle Unlimitedプライム会員・非会員問わず月額980円がかかります。

今回アマゾンが新しく始めた「Amazon Prime Reading」はプライム会員なら無料!

ただし12万冊の品揃えを誇るKindle Unlimitedに対し、Amazonプライムリーディングは900冊くらい。あくまでKindle Unlimitedの一部書籍が楽しめるサービスです(Amazonプライム・リーディングのラインナップはこちら)。

Amazonプライム」サービスは定額動画見放題サービスの「アマゾンプライムビデオ」、定額音楽聴き放題サービスの「Amazonプライム・ミュージック」に加え、定額電子書籍定額読み放題の「Amazonプライム・リーディング」が加わって超高コスパサービスになりました(Amazonプライムは年額3900円または月額400円の有料サービスです)。

Kindle Unlimitedを解約した理由。時間的にも金銭的にも元がとれなかった

もともと12万冊の品揃えを誇る「Kindle Unlimited」でさえ品揃えが微妙な感じで、Kindle Unlimitedの中に「今、これが一番読みたい!」という書籍が入っていることはまれでした。

よほど読むのが早い人でない限り「読みたい本の数>実際に読める本の数」なので、社会人なら少しばかりお金がかかったとしても「質の悪い無料の本」より「有料でも読みたい本」を買った方が時間とお金のトータルでお得です。

Kindle Unlimitedの解約のタイミングを待っていたところへアマゾンPrime Readingサービスが登場!

とはいえ、たまに「暇つぶし」感覚で「Kindle Unlimited」で雑誌や普段読まない種類の本を読むこともあったので、月額980円の定額サービスは高くはないし安くもないし…でダラダラ続けていたところのアマゾンPrime Readingサービス登場!

Kindle Unlimitedを解約しても、暇つぶしコンテンツは引き続きAmazonプライムリーディングで楽しめるのでホクホクです。

Prime Readingがプライム会員なら無料のサービスなのに対し、Kindle Unlimitedはプライム会員だからといって割引があるわけではないのも割高に感じるポイント。

Kindle Unlimitedの解約方法

f:id:matagotch:20171005180042p:plain

PCのブラウザの場合、アカウントサービス > お客様のKindle Unlimited > Kindle Unlimited会員登録をキャンセルから解約できます。

まとめ

決して「Kindle Unlimited」に対してネガティブな評価だったわけでなく、あくまでアマゾンプライムのコスパが良くなりすぎたので、お試しにKindle Unlimitedを解約しました。ありがとうアマゾン、これからもがんばってください。。というお話でした。また「Kindle Unlimitedは必要だった!」となるかもしれません。Kindle Unlimitedのコスパを再考する良い機会にしようと思います。

Kindle Unlimitedの品揃えをもっといい感じにしていただけると安心して契約を続けられるんですが…。もしくはKindle Paperwhiteのように「Kindle Unlimitedマンガモデル」というふうに漫画コンテンツだけ別料金の定額サービスに分けたりとか。

matagotch.hatenablog.com

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック