YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

Amazon Fireタブレットの使い方【できること / できないこと】

スポンサーリンク

Amazon Fire 7、Fire HD 8、Fire HD 10のおすすめの使用方法や使い方、できること・できないことまとめ記事です。

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック

目次

アマゾンFireタブレットの購入方法


[写真はAmazon Fire HD 10を実際に購入したときの価格]

Fireタブレットは基本的にAmazon有料サービスAmazon Prime(アマゾン・プライム)サービスの利用がメインです。

アマゾン・プライム 会員はFireタブレットの購入時に大幅割引が受けられます。 Fireタブレット購入前に必ずプライム会員に入会し、購入時にクーポンコードの入力を忘れないようにしましょう。

アマゾンFireタブレットでできること


Amazon Fireタブレットは基本的にプライム会員サービスの動画見放題サービスAmazonプライムビデオ 、音楽聴き放題サービスAmazonプライムミュージック、読み放題サービスPrime ReadingとKindle電子書籍を楽しむためのタブレット。 アマゾン以外の定額動画サービスとしてHulu、Netflix、DAZN、定額音楽サービスのSpotifyなどの限られたサービスに対応しています。

代表的なアプリはTwitterやFacebook、InstagramといったSNSアプリ、radiko.jpやNHKらじるらじるなどのネットラジオ・ポッドキャストアプリ、手書きノートアプリのMicrosoft OneNote、Evernote、メモアプリのSimpleNoteに対応。

ゲームに関しては、Fireタブレットはファイナルファンタジー・ドラゴンクエストシリーズ、モンスト、白猫プロジェクトなど充実しています。 Amazonコイン経由での割引購入がお得なので、「ゲームはFireタブレットでプレイする」というゲーマーも少なくないようです。 優良おすすめゲームまとめ記事も良ければご覧ください。

Amazon Fireタブレットで利用できるアプリ・ゲームはアマゾンのAndroidアプリストアページから確認できます。

Amazon Fireタブレットでできないこと

Fireタブレットは基本的にGoogle Playストアのアプリはインストールできません。

ChromeブラウザやGoogleフォト、Googleスプレッドシート、Google MusicといったGoolge系アプリ、dマガジンや楽天マガジンといった定額雑誌アプリ、LINE、AbemeTVなど多くのアプリが非対応です。

実は手間をかければGoogle Playアプリもインストールできますが、個人的には利用できるアプリの制限はFireタブレットの長所の一つであると思うので、当記事ではGoogle Playアプリのインストールはおすすめしません。

Amazon Fireタブレットの使い方

スクリーンショットは全て新しいFire HD 10(2017年/新型)で撮影しました。

初期設定

Fireタブレットはアマゾンのアカウントでログインするだけで初期設定が完了します。購入した電子書籍やビデオ、アプリ等のコンテンツはクラウド上(amazon.co.jp)で管理されるので、バックアップなどの心配はありません。

Fireタブレットの基本的な使い方

左右にスワイプすると「Kindle」、ビデオ、ゲーム、アプリとタブが切り替わります。 目的のタブに移動して、縦にスクロールしながらコンテンツをタップして選択する、というのがFireタブレットの基本的な使い方です。


画面上の端から下にスワイプすると通知とコントロールセンターが表示されます。 通知は左右にスワイプすると消えます。


画面下ナビゲーションバーの三角は戻るボタン、丸ボタンはホーム、四角ボタンはタスク一覧です。

アプリの購入・インストール方法

「アプリ」タブでもアプリがダウンロードできますが、何か新しいアプリが無いかな?と探す場合はホーム画面の「アプリ」の方が見やすくて便利です。

amazon.co.jpにクレジットカードが登録されていれば、amazon.co.jpと同じアカウントでログインするだけでFireタブレット上で電子書籍、ゲーム、動画、アプリ等がボタンを押すだけで購入できます。

Kindle電子書籍の購入方法


iPhone / iPadではKindleアプリ内から電子書籍を直接購入できませんが、Fireタブレットでは検索結果やアプリ上からワンボタンで購入が可能です。

Fireタブレットはdマガジンなどの雑誌定額サービスに非対応ですが、有料の「Kindle Unlimited」サービスが多くの雑誌に対応しています。Kindle Unlimitedの雑誌カテゴリをブックマークしておくと、定額雑誌アプリのように利用できます。

Fireタブレットの動画視聴方法

Amazonプライムビデオ


ビデオタブでも見れますが、何か面白い動画を探すときはホーム画面の「ビデオ」アプリの方が表示項目が多のでおすすめです。見たい動画の名前がわかっている場合は、ビデオタブの検索バーにタイトルを入れて検索できます。


プライム・ビデオの動画はダウンロード可能!ネットが繋がらない場所でも再生できます。microSDカードへの保存にも対応しています。

アマゾンで商品を購入するとAmazonビデオの割引クーポンが付いてくることがあるのでお得です。


Fire TVがあれば、Fireタブレットから簡単にテレビにネット動画が写せます。 matagotch.hatenablog.com

YouTube、Hulu、Netflix、DAZN

YouTube、Hulu、Netflix、DAZNなど他社の定額動画サービスはiPadや他のAndroidタブレット同様、アプリをインストールして起動することで再生できます。

Fireタブレットの音楽の再生方法

Amazonプライムミュージック


アマゾンの音楽聴き放題サービスのプライムミュージックはホーム画面をスワイプするだけで、アプリを起動しなくても再生できます。音楽もダウンロードしてオフライン再生可能です。

Spotify


「Spotify」はFireタブレットではプライムミュージックを除いて唯一、対応している定額音楽サービスです。Apple MusicやGoole Music、LINEミュージック、AWA等には対応していません。

Spotify Music

Spotify Music

Fireタブレットの標準アプリ

Webブラウザ「Silk」の使い方


アマゾンFireタブレットはSafariでもChromeでもなく、独自の「Silk」Webブラウザを内蔵しています。


記事の後で読む機能、オフラインリーディングの「読書リスト」に対応しています。 最近の埋め込み動画の多くもちゃんと再生されますが、古いFlash形式の動画には非対応です。

Fireタブレットのデフォルトの検索エンジンをGoogleに変える方法


Silkブラウザのデフォルト検索エンジンはBingです。Silkブラウザのメニューアイコン「設定」からデフォルトの検索エンジンをGoogleに変更できます。

Fireタブレットの地図アプリ


FireタブレットはGPSを内蔵しておらず、地図アプリもありませんが、SilkブラウザでGoogleマップが表示できます。

写真アプリ「Amazon Cloud Photo」


Fireタブレット標準の写真アプリ「Amazon Cloud Photo」はAmazonプライム会員なら容量無制限の写真ストレージサービス(Prime Photo)です。デジタル一眼カメラで撮影した写真のバックアップに向いているサービス。

FireタブレットにはiPhoneなどで有名なカメラアプリはありませんが、標準の写真アプリがレタッチや切り抜き、回転、マークアップなどの編集機能が充実していてかなりイケてるのが良い感じです。

FireタブレットはmicroSDにも対応しているので、デジカメで撮影した写真のバックアップと確認に最適です。

Fireタブレットのオフィスアプリの使い方

メール・カレンダー・連絡先


Gmailのメールアカウントを追加すると、Gmailの予定表と連絡先も同期されます。 デフォルトのメールアプリに満足できなければ「Microsoft Outlook」もアプリストアからインストール可能です。

Googleカレンダーの予定の読み込み・書き込みに対応。日・週・月表示に対応しています。

ワード、表計算、プレゼンテーション


Fireタブレットには「WPSオフィス」というオフィスアプリが同梱されています。Bluetoothキーボードを繋げば、Fireタブレットでも単純な文章作成が可能です。

最初にインストールしたいおすすめアプリ「Evernote」「Simplenote」「OneNote」

Fireタブレットの実用アプリはiPadに比べると悲惨な状況ですが、「Evernote」、「Microsoft OneNote」、「Simplenote」といったクラウドメモが充実しているのが助かります。

上記クラウドメモアプリはスマホやパソコンとも同期できるシンプルなメモ帳。Fireタブレットを購入したらまず最初にインストールしたい代表的アプリです。

Fireタブレットのゲーム


Fireタブレットはゲームアプリが充実していて「ゲーム端末として台頭しつつあるのでは?」と感じる節があります。ドラクエ・FFなどの有名どころから、Amazonコインの影響で「ソシャゲ」「ガチャゲーム」と呼ばれる課金ゲームが特に充実しています。

買い切り型のおすすめ優良ゲームを別記事にまとめたので、良ければご覧ください↓ matagotch.hatenablog.com

Fireタブレットのハードウェアの使い方

microSDカードの使い方


256GまでのmicroSDに対応しています。Kindleでマンガを買い始めるとストレージがすぐに一杯になるので、そんなときすぐmicroSDに電子書籍コンテンツを移せます。

Bluetooth機器の使い方


FireタブレットはBluetooth機器に対応しています。Bluetoothのキーボード、Bluetoothのスピーカーの動作を確認しています。

Bluetoothアクセサリは設定アプリのワイヤレス > Bluetoothからペアリングできます。

スクリーンショットの撮影方法


電源ボタンとボリュームダウンボタンをちょっと長めに同時押しするとスクリーンショットが撮影できます。撮影したスクリーンショットは「写真アプリ」から確認できます。

ボリュームボタンの動作はタブレットの向きによって変化するので注意してください。

Fireタブレットの設定

BlueShade(夜間・ナイトモード)


Fireタブレットの夜間モード「BlueShade」をオンにすると画面が赤くなってブルーライトをカットできます。 設定アプリのディスプレイ > BlueShade > 自動アクティブ化で夜になったら自動でオンになるよう設定できます。

おやすみモードのスケジュール


設定アプリサウンドと通知 > おやすみモードから寝ている間に通知をオフにできます。

起動時のロック画面のキャンペーン広告を非表示にする


Fireタブレットでは電源を入れたときに広告が表示されます。


「キャンペーン」アプリの設定で表示を消すことができます。

ペアレントコントロール(子供向け機能制限)


Fireタブレットを子供に渡すタブレットとして購入した場合、アプリの購入やブラウザなどのネット利用やタブレット自体の利用時間を制限できます。ビデオや電子書籍、ゲームなどの禁止されたコンテンツは丸ごと表示されなくなります。

「ダウンロード済みのコンテンツの閲覧だけを許可」みたいな中間の制限はかけられません。子供にタブレットを与える場合、個人的には「保有している子供用コンテンツだけを許可」したかったんですが、クラウド上の購入済みのコンテンツも「すべて自由にアクセス可能」にするか、「まるごと禁止する」かの二択しかありません。

困ったときに

フル画面表示アプリで戻れなくなった場合

ゲームか何かのアプリでナビゲーションバー(画面下の戻る・ホームボタン)が表示されず、アプリを終了できなくて困る場合があります。そういう時はナビゲーションバーが隠れているだけなので、落ち着いて画面下の黒い部分をタップするか、下から上にスワイプすればナビゲーションバーが表示されます

まとめ

iPadを超えるタブレットは出てこないだろうと思っていたところ、アマゾンFire HD 10(ファイアタブレット)の出来が予想外に良かったので、使用方法や使い方、できることやできないことをまとめてみました。Fireタブレットの将来とタブレットの普及に期待しています。


おすすめ記事

matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com