YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

Kindle Paperwhiteレビュー。キンドル5周年記念セール中!買うなら今がおすすめ

スポンサーリンク

アマゾンがキンドル発売5周年SALEキャンペーン実施中!Amazonプライム会員はKindle Paperwhiteの7,300円の割引クーポンがもらえます。このセールを良い機会に、大好きな製品の極めて私見に満ちた文字中心の製品レビュー記事を書いてみました。

Kindle Paperwhiteの基本情報


Amazon Kindle Paperwhiteは「eインク」と呼ばれる目に優しい白黒液晶を採用した、小型軽量でバッテリー長持ちの読書専用端末です。本体も電子書籍もアマゾンで購入できます。

バリエーションはバックライトの無い廉価版「Kindle」、一番ベーシックなおすすめ「Kindle Paperwhite」、漫画向け大容量「Kindle Paperwhiteマンガモデル」、高級モデルの「Kindle Voyage」や防水仕様の「Kindle Oasis」に加えて、カラー液晶の別ライン「Fireタブレット」シリーズがあります。

電子書籍の5周年記念セールは終わりましたが、今度は本体が2017年10月20日(金)〜24日(火)までキンドル発売5周年記念セール中です。 購入前のプライム会員入会と5周年記念クーポンの入力を忘れないようご注意ください。

Kindle Paperwhiteで手に入る4つのもの

1人の時間

Kindle Paperwhiteは究極の「デジタルデトックス」アイテムです。スマホは家に置いてKindle Paperwhiteだけを手に外出。煩わしい通知とアプリの誘惑から逃れて1人の時間を過ごすことはソーシャル疲れした現代人の薬になります。 こう書くと「意識高い系」と言われそうで不安ですが、スマホの充電中や週末のカフェで楽しむ読書が、情報化社会に生きる現代人にとって最大の贅沢です。

安眠


Kindle Paperwhiteは最高の安眠グッズ。 夜、寝る前、スマホはベッドから離して充電することにして、枕元にはKindle Paperwhiteを置いておけば、就寝前のネットニュースやゲームで夜更かしし過ぎることもありません。

バックライト付きなので寝室の照明を落としても大丈夫です。アマゾンが「究極のブルーライトカット」と謳う、スマホより弱くて目に優しい、健康に良いバックライトはKindle Paperwhiteの最大の売りの一つ(無印の「Kindle」にはバックライトはついていません)。

Kindle Paperwhiteの読書に、お気に入りの音楽やアロマと組み合わせると相乗効果が得られます。

軽いカバン


旅行中のKindleでの読書は特別な幸福感が得られます。

長年、自分だけの変わった趣味かも?と思っていたところ、Amazonミュージックで「旅先で読書しながら聴く〜」というプレイリストを発見、やったーと思いました。決して特殊な趣味というわけでは無さそうです。 旅先に合ったテーマの本を読むとシナジーが得られます。

お金と時間

Kindle Paperwhiteは5年間ほとんど変わらない端末。そもそも本体も安くて頑丈で、買い替えの必要もありません。

Kindleの電子書籍は値引き率が高いので、書店で定価の新書を買うよりもお得です。 青空文庫や、Amazonプライム会員ならPrime Readingで無料の本も読めます。

消費電力も少なく、バッテリー持続時間も長いので電気代と充電器を探す手間と、図書館に行く時間の節約になりスローライフが遅れます。 「防災グッズ」カテゴリに入れても良さそうです。

まとめ

いつもの長々とした商品レビューと違う、主観的な短文で失礼しました。ちゃんとした情報が欲しい方は、以前書いたKindleマンガモデルのレビュー記事等をご覧頂けると幸いです↓ matagotch.hatenablog.com

Kindle Paperwhiteは情報家電でありながら精神的・肉体的な意味での健康グッズ。 Apple WatchやGoogle Home、ポメラDM200といった「脱スマホ」トレンドを何年も先取りしたヘルスケア製品と言えます。

趣味と実用を兼ねて結構な量のガジェットを購入し続けている、当ブログの当面の目標は「Kindle Paperwhiteとスマートスピーカー(+ポメラ)だけのミニマルな生活を手に入れる!」です。このごろ、それが実現できそうな未来がどんどん近づいていて楽しみです。