YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

Corsair(コルセア) K83 キーボード レビュー | ゲーム用途外でもおすすめ! タッチパッド付きテンキーレスキーボードの最高傑作

スポンサーリンク



テンキーレスのタッチパッド付きコンパクトキーボード『Corsair K83 Wireless Entertainment Keyboard (コルセア K83 ワイヤレスエンターテインメントキーボード)』の購入レビューです。ゲーマー向けとして販売されていますが、非ゲーマーにもおすすめの最新ゲーミングキーボードの評価をお伝えします。

コルセア K83 キーボード - レビュー目次

コルセア K83 キーボード - 特徴


『K83 Wirelessワイヤレスエンターテインメントキーボード』はゲーミングデバイスメーカー「Corsair(コルセア)」社が主としてゲーマー向けに作った無線キーボード。以下の特徴を備えています。

  • タッチパッド搭載
  • ワイヤレス&テンキーレスのコンパクトキーボード
  • 無線だけでなく、USB有線接続も可能
  • 英語配列キーボードのみ(日本語JIS配列なし)
  • 20キー同時押し対応やジョイスティック内臓などゲーム用に配慮
  • USBの充電式バッテリーで最大40時間動作
  • 対応OS Windows / Android

コルセア K83 キーボード - 価格

f:id:matagotch:20190425111507p:plain
『Corsair K83 Wireless Entertainment Keyboard』を2019年4月にアマゾンで購入した時の価格は¥16,200でした。

コルセア K83 キーボード - 外観レビュー


『Corsair K83 Wireless Entertainment Keyboard』の同梱品です。キーボード本体と説明書のほか、2.4GHz無線接続用の専用ドングルとUSBケーブルが入っています。


『K83 Wirelessエンターテイメントキーボード』本体の表面。デザインは非常に良く、見た目のチープさはありません。

キーピッチも配列も特に変わった点はありませんが、英語キーボードなので記号キーの配置が日本語キーボードとは違います。Home、End、PageUp、PageDownといったキーだけでなく、DeleteやInsertといった人によっては利用頻度の高い一部のキーもFnキーとの併用になっています。


ゲーミングキーボードらしく、FPSゲーム等で移動に使うWASDキーが別カラーです。


キーボードの裏面。スティック操作用のLRボタンがあります。


背面には電源ボタンとUSB端子、LRボタン。

コルセア K83 キーボード - 試用感レビュー

最高のキータッチ!浅型キーボード最高峰の打ち心地


『K83 Wirelessエンターテイメント キーボード』タイプ感は数千円で売られている薄型キーボードとは比較にならない心地よさ。アイソレーションタイプのキーボードとしては最上級の打ち心地です!ただしキータッチはMacBookなどのノートパソコンで使われているアイソレーションタイプの薄型キーボードよりも深めで、ゲーミング用キーボードらしく、キータイプ時に「コツコツ」とした「確実にキーを押した」クリック感があります。キータッチはフルハイトのデスクトップ用キーボードよりは軽く、ノートパソコンのキーボードよりは指の負担がやや高めになります。

「キーボードにこだわりはあるけど、メカニカルキーボードは指が疲れて嫌」という(自分のような)方におすすめのコンパクトキーボードです。

剛性が高く、膝の上でも安定。テレビとの相性◎


『K83 Wirelessエンターテイメント キーボード』はカウチゲーム用に開発されたキーボード。リビングのテレビにパソコンを繋げて使うのに最適です。

膝の上で使うことを考慮しているためか、本体重量は軽め。メカニカルの本格的なゲーミングキーボードを触ったことがある人には驚くほど「軽い」印象を受けると思います。

タッチパッドの感度も良好


このようなデスクトップ用キーボードに付属したタッチパッドは使いにくいものが多い中、『コルセア K83 ワイヤレスエンターテインメントキーボード』に付随する「Let's note」のような円形のタッチパッドは感度は良好。普通のWindowsノートパソコンのものと同様のレベルで使えます。マルチタッチのジェスチャーにも対応していて、2本指でスライドすればスクロールしたりできます。

タッチパッド下にマウスの右クリック、左クリックボタンがありますが、タッチパッドの1本指と2本指タップによるクリック操作も可能です。

『Corsair K83 Wireless Entertainment Keyboard』はリビングのソファに座ってテレビでゲームする「カウチゲーミング」用に最適化されたキーボードということで、マウスを右手に置いてガッツリFPSゲームなどをする際にはタッチパッドが邪魔になると思います。

ジョイスティックはあくまでカーソルキーの代用品


『コルセア K83 ワイヤレスエンターテインメントキーボード』の右上のジョイスティックは、キーボードの上下左右キーの代わりに使えます。スティックにはR、Lボタンも付随しているもののゲームのプレイは厳しく、Steamのビッグピクチャーモードなどのメニュー操作で役立つものと思われます。基本的にはゲームパッドと併用する形になります。


ジョイスティックの左横にある金属のホイールはボリュームボタン。 キーボードのバックライトをON/OFFするボタンと、ファンクションキーロック(後述)ボタンが付いています。

最上段のメディアキーはファンクションキーに切り替え可能


『K83 Wirelessエンターテイメント・キーボード』最上段のキー列はデフォルトでアプリの切り替えや音楽や動画の再生/停止、Windowsの検索といったメディアキーに割り当てられていますが、ボリュームボタン右下のファンクションキーロックボタンを押すことで、デフォルトの動作をF1~F12のファンクションキーに割り当てることができます。

[f:id:matagotch:20190425001310p:plain
ファンクションキーをデフォルトにすると、Windowsキーが無効になる仕様ですが、コルセア純正ユーティリティ「Corsair iCUEソフトウェア」で、ロック時に無効化するキーをカスタマイズできます。

Insert、Delete、PrintScreenなどFnキー組み合わせキーの配列が少し特殊


『K83 Wirelessエンターテイメント・キーボード』は英字配列である他、K83 Wirelessキーボードのキー配列は特に目立っておかしなところがない正統派ですが、独立したInsertとDeleteキーが無い点がやや特殊。

Home,End,PageUp,PageDownもFnキーと矢印キーの組み合わせで、Fnキー+Backspace=Deleteまではわかるんですが、InsertキーがFnキー+Tabに割り当てられているキーボードは初めて見ました。

PrintScreenも、右AltキーとFnキーというやや特殊な組み合わせになっています。

日本語入力モードに切り替える方法


『コルセア K83 ワイヤレスエンターテインメントキーボード』はUSキーボードなのでWindows 10ならAlt + '、MacならControl + スペースで日本語入力モードに切り替えます。

無線でもUSB有線でも利用可能


『Corsair K83 Wireless Entertainment Keyboard』とPCとの接続には付属の専用ドングル経由での無線接続のほか、BluetoothやUSBケーブルでの有線接続にも対応。キーボード側のUSB端子はMicroUSB、PC側(付属の無線ドングル)の端子はUSB2,0またはUSB3.0。キーボードのF5~F7キーで無線/有線モードを切り替えられます。

プラグアンドプレイで利用可能。「Corsair iCUEソフトウェア」で設定・カスタマイズ

f:id:matagotch:20190425000900p:plain
『コルセア K83 ワイヤレスエンターテインメントキーボード』は基本的にUSB端子に挿すだけで利用可能ですが、コルセアの純正ユーティリティ「Corsair iCUEソフトウェア」をインストールすることで下記のようなより細かなカスタマイズができます。

  • マクロ
  • Fnキーロック時の無効キーの設定
  • タッチパッドやジョイスティックの感度
  • バックライトの明るさ

他社製キーボードと比較

「安くてそこそこ使えるタッチパッド付きのコンパクトキーボード」ならMicrosoftなど他社からも多数販売されているんですが、キー配列のヘンテコなところであったり、タッチパッドの感度の低さであったり、剛性の低さからくるタイプ感のチープさであったりという「ちょっとした違い」がアダとなり、かつてはメインのキーボードの座を奪うような製品は存在しませんでした。

今回、登場した『K83 Wirelessエンターテイメントキーボード』は「ちょっと高くても良いから、妥協しないちゃんとしたキーボードが欲しい」という人にとって待望のコンパクトキーボードです。

コルセア K83 キーボード - 評価レビューまとめ

「パソコンはPCモニターにつなぐもの」という考え方を覆す傑作キーボード


『K83 Wirelessエンターテイメントキーボード』の欠点としてはバッテリー持続時間が短いことが挙げられます。無線キーボードよりも無線ゲームコントローラーをイメージするとわかりやすいかもしれません。それにより、電源のON/OFFもPC向けの無線キーボードよりも手間がかかります。

その点を考慮しても、『K83 Wirelessエンターテイメントキーボード』はタッチパッド付きキーボードとして最高傑作といえる、期待に完璧に応えた出来でした。デスクトップPCやゲーミングPC、ノートパソコンといった既存カテゴリの隙間を埋める入力デバイスで、パソコンの存在理由を再定義するほどの傑作キーボード!とすら思います。

「キーボードショートカットをマスターしているのでマウスはほとんど使わない」「キーボードの打ち心地にこだわりはあるけど、浅いキータッチが好き」「大画面が良いけどリビングにPCモニターを置けないので、しぶしぶノートパソコンを使っている」など、ゲームをしなくてもキーボードやパソコン環境にちょっと変わったこだわりを持つ方におすすめのコンパクトキーボードです。

コルセア K83 キーボード - おすすめ関連記事

matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com