YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

【Switch】おすすめダウンロードソフト。プレイして面白い!と思ったインディーゲームまとめ [2018年最新版]

f:id:matagotch:20180311204249j:plain
Nintendo Swtich(ニンテンドー・スイッチ)のダウンロード専用インディーズ・ゲームソフトの中から、実際にプレイして面白かったソフトに一言の感想レビューを添えて、好きな順に勝手にランキング化してまとめてみました。随時更新。個人の嗜好を強く反映したリストで、しかもその日の気分で変動します(笑)。適当な順位にはあまり目くじら立てず、気軽にお楽しみ頂ければ幸いです。 www.nintendo.co.jp

↓良作が多数ランクインした探索型2Dアクションゲームは別ページで特集しています。あわせてお楽しみください。 matagotch.hatenablog.com

目次

Stardew Valley(スターデュー・バレー)

f:id:matagotch:20180311173540j:plain
「牧場物語」の流れを組む、懐かしい2Dドット絵のグラフィックの田舎暮らしアドベンチャーRPG。 一人のエンジニアの手によって4年の歳月をかけてコツコツ制作された工芸的なゲーム作品で、「マインクラフト」に匹敵するインディーズゲームの雄。ネット機能対応アップデートも予定されていて、今後の発展もますます楽しみなソフトです。

matagotch.hatenablog.com

Dandara(ダンダラ)

f:id:matagotch:20180311173633j:plain
「ダークソウル」を2Dアクション化したような、人を選ぶ高難易度ゲームで、このソフトを2番目に紹介するのは、完全に個人の趣味ですが、刺さる人(=自分)にとっては神ゲー。 「メトロイド」や「悪魔城ドラキュラ」のような探索型2Dアクションをベースに、ワイヤーアクションのようなユニークな移動システムを採用した異色作。独特の世界観が美しいドット絵グラフィック、多彩なマップに、ノリの良すぎるテンション高めな演出と美しい電子音楽。プレイヤーを拒絶するような難易度と、引きつけてやまない魅力的な演出のバランスが絶妙。

matagotch.hatenablog.com

Celeste(セレステ)


高難易度の2Dアクションを続けて紹介。「Celeste」はスイッチの”インディーゲームの最高傑作“のひとつに数えられる、おすすめゲームリストからは外せない名作プラットフォーマー(=マリオのようなジャンプアクションゲーム)です。Switchのインディーゲームといえば、まず「Stardew Valley」と「Celeste」と言えるくらいのゲームで、「Dandara」よりも「Celeste」の方が、一般的な評判・評価とか知名度は高いと思います。

ゲーム内容は説明の要らないほどシンプル。 ジャンプと壁を登るだけの簡単操作で、思わず唸るほど奥深いゲーム性を実現した、2Dジャンプアクションゲームの傑作です。

matagotch.hatenablog.com

Hollow Knight(ホロウナイト)

f:id:matagotch:20180617221433j:plain
こちらも人気作品。ムシたちが主人公の、ムシの古代王国を舞台にした、ダンジョン探索型の2Dアクションゲームです。任天堂の「ピクミン」シリーズのように、ゲーム内でも"生態系"を感じることができるような、世界観が秀逸。 ゲームシステム的にも、世界観的にも「Dandara」をマス向けにした感じの2Dサイドビュー・アクションゲームですが、とはいえ結構難易度が高く、ダークでマニアックな感じがしないこともないので、より一般的な、王道テイストなアクションゲームをプレイしたい方は「Owlboy」をおすすめします。

スイッチの横スクロール2Dアクションゲーム『Celeste』『Hollow Knigt』『Owlboy』『Dandara』あたりはどれも最高に面白いので、あとは好みの問題です。

matagotch.hatenablog.com

Salt and Sanctuary(ソルト アンド サンクチュアリ)

一言で「2D版ダークソウル」と呼ばれる、最高難易度の2Dサイドビューの探索型アクションRPG。根気とアクションセンスに自信のある、自分の腕の限界を試して見たい、一部ゲーマーの方にだけおすすめの逸品です。

同じダークソウル系のシステムをベースにした『ホロウナイト』とは好対照で、グラフィックもおしゃれでアーケード的なアクション色が強い『ホロウナイト』に対し、『ソルト アンド サンクチュアリ』は成長要素の強いアクションRPGで、よりマニアックで極悪極まりない難易度のインディーゲームです。

matagotch.hatenablog.com

返校 - Detention

f:id:matagotch:20180311173713j:plain
台湾発のホラーアドベンチャーゲーム。 ホラーゲームながら、プレイ後は名作映画を見終わった気分になるほど、ストーリーや演出が魅力的な、「メディアアート」的な作品。怖いのが苦手な人は向きませんが、Switchユーザーなら一度は遊んでほしい、おすすめソフト。

matagotch.hatenablog.com

ゴルフストーリー

f:id:matagotch:20180311173943j:plain
「ゴルフ」と「RPG」が高度な次元で融合された傑作ゴルフRPG。 全体を通して(ギャグ)センスの良さが光る作品で、ゲーム部分(=ゴルフ)もストーリーも最高に楽しめる内容になっています。 正直、このおすすめゲームリスト記事の、上位半分くらいのゲームは優劣をつけられないんですが……2Dアクションより珍しいジャンルということも評価して3番目に紹介しました。

matagotch.hatenablog.com

Owlboy(オウルボーイ)

f:id:matagotch:20180311174039j:plain
空を飛べるフクロウの少年が主人公のファンタジーアクションRPG。一言で言うと「2Dサイドビューアクションのゼルダ」ですが、こちらも『スターデューバレー』のように、開発に8年もの歳月がかかったと言われるインディーズゲームの傑作です。オールドゲーマーには感涙モノの美しいピクセルアートと神演出、一本筋の通ったストーリーが魅力。スイッチユーザーの全員におすすめできる、太鼓判の王道2DアクションRPGです。

ゲーム内容に対する不満は無いんですが、インタビュー記事で「続編は作らない」と明言していたので、やや順位を落としました(笑)。

matagotch.hatenablog.com

Earthlock(アースロック)

f:id:matagotch:20180320223855j:plain
日本産RPGのゲームシステムを採用した、ノルウェー発のインディーズJRPGです。万人向けではない、かなりプレイヤーを選ぶゲームで、「生粋のJPRGファン」に向けた高難易度RPGですが、難しければ難しいほどクリア後の「達成感」や「満足度」が高まるもので、個人的に思い入れのある作品ということもあり、「自分の好き」と「一般向けには厳しい」の中間をとって、この位置にランキングしてみました。

ノルウェー産ゲームながら、中身は「ファイナルファンタジー」のような日本のRPG(=JRPG)に見られる、ターン制のコマンド式バトルシステムを採用したファンタジーRPG。ただしJPRGのモノマネには終わらない独自性も見られ、「快適にプレイさせるための工夫」と「強力な敵モンスター」の「アメとムチ」方針が好印象でした。見た目はオーソドックスなファンタジーRPGでも、派手なストーリーを楽しむより、どちらかといえば、歯ごたえのあるバトルを楽しむ内容となっています。

matagotch.hatenablog.com

ルカノール伯爵

f:id:matagotch:20180731194840j:plain
「返校」がアジア風なら、こちらはヨーロッパの残酷童話風のホラーアドベンチャーゲーム。 「返校」ほどの繊細なストーリー演出は見られませんが、なんとなく印象に残っているゲームです。 戦闘の無い、軽めのアクションパズルです。 モザイクみたいな抽象的なグラフィックですが、残酷描写?がそれなりにあるのでホラーゲームが嫌いな方にはおすすめしません。

matagotch.hatenablog.com

INVERSUS Delux(インバーサス・デラックス)

発売以来、非常に高い評価を得ている「インバーサス」。弾を打つとオセロのように色が入れ替わるタイル上で、自分の行動範囲を確保しながら敵と戦う、ミニマルでストイックな、非常に競技性の高いシューティングゲームです。 ソロ・チーム戦の対戦バトルやアーケード・スタイルの協力プレイ、最大4人でのオンラインの通信対戦や協力プレイができます。自分も大好きなソフト。

画面があまりに殺伐としていて、ちょっと人に勧めづらいんですが、それが返って「ボンバーマン」や「パックマン」、「スペランカー」のような”定番”の風格を感じさせます(笑)。自分のように、好きな人はすごくハマれると思います。

Wizard of Legend

あとで紹介する『クリプト・オブ・ネクロダンサー』と同じローグライク・ゲームですが、『Wizard of Legend』は純粋なアクションゲームにジャンル分けされます。どちらのゲームも甲乙つけ難く、じっくりRPGが好きか、アクションが好きかで選ぶと良いと思います。スイッチのニンテンドーeショップのセールスランキングの常連で、評判の高い人気作品です。

自分は基本的にローグライク系ゲームが得意じゃないんですが、『Wizard of Legend』のアクションは"格ゲー"っぽい気持ちが良いテイストに仕上がっていて、たまに腕が疼くので、今でも遊びます。 ストーリーやグラフィッックとかを除いた、純粋な「ゲーム性」の面白さだけを評価すると、すごく優れたアクションゲームだと思います。

横画面アクションの方が好きな方には『Dead Cells』もおすすめ。

matagotch.hatenablog.com

Dead Cells(デッドセルズ)

"ローグライク(ローグライト)"と"メトロイドヴァニア"を組み合わせた、ランダムマップの2Dサイドビューアクションゲームです。 アクション操作の手触りが本当によく、アイテム収集や成長要素も楽しい、極めて評価の高いインディーゲーム。横画面好きなら『Dead Cells』、俯瞰好きなら『Wizard of Legend』がおすすめです。

matagotch.hatenablog.com

Songbringer(そんぐぶりんがー)


70〜80年代SF風のFC・SFC版「ゼルダの伝説」。古典的な見下ろし型のアクションRPGです。 あまりメジャーなタイトルで無いので、この位置に入れるのはすごく気がひけるんですが…何だったらもっと上に入れてもいいくらい好きなソフト。

自分はすごい大好きな作品なんですが、ひょっとしておじさんの懐古主義かも……とか懐疑的になってしまい、気持ちより下の方で紹介しました。

matagotch.hatenablog.com

Minit

ゲームボーイレベルのミニマルなグラフィックの2D版「ゼルダの伝説」的なアドベンチャー。 ごく一部分を除いてアクションスキルは要求されません。短い時間でスピーディに楽しめる、小さな宝石のように可愛らしいゲームです。

Bad North

4つのユニットを操作して、小さな島を防衛する面クリア型のディフェンスゲーム。 基本的に槍兵・剣兵・弓兵の3すくみのゲームシステムで、スキルツリーもすごく単純。「ミニマルRTS」という言葉がふさわしい戦略ゲーム。 各「島」がローグライクゲームでいう「部屋」の役割をはたしていて、何度でも遊べるランダム生成のマップです。

”RTS”という言葉から想像できる奥行きや複雑さに欠け、たまにゲーム自体の挙動が不安定になるなど、問題がないわけではありませんが、グラフィックも美しく、ジャンル的にも貴重なゲームなのでおすすめです。 matagotch.hatenablog.com

Aegis Defenders(イージス・ディフェンダー)

f:id:matagotch:20180311174121j:plain
2Dアクションとタワーディフェンスを組み合わせた意欲的な作品。複数のプレイヤーを同時操作する「マルチタスク」的なアクションストラテジーゲーム。

自分はすごい好きだったんですが、ネット上の評判は賛否両論。見た目の取っつきやすさと裏腹に、プレイヤーの向き不向きが強いゲームシステムで、アクションゲームが得意な人でも「難しい」とか「不親切」と感じる人が多かったり、シンプルなゲームの部分だけを求めていた人には冗長に感じられた模様。Switchで増えてきたマルチタスク作業が苦手な人は、『オーバークック』で練習してから挑んだほうが良いかもしれません。

1人プレイ時のゲームバランスの悪ささえなければ、もっと高い評価を得ていたのに……と、残念に思うソフトです。1人プレイだと行き詰まる可能性の高いゲームなので注意してください。

Joy-Conのおすそわけプレイにも対応。スイッチのマルチプレイ対応ソフト全般について当てはまる傾向として、ゲームバランスが2人プレイ時に最適化されていて、ソロプレイ時の難易度が非常に高くなります。その点『Aegis Defenders』も同様で、難しいエスコート(護衛)ミッションをクリアするには、協力者が必要になるかもしれません。

RTS(リアルタイム戦略ゲーム)好きの自分にとってはゲームパートが楽しめたのはもちろん、物語パートもマンガとかアニメの別作品として読みたいと思わせるほど、絵柄やキャラクター同士の掛け合いが魅力的なゲームでした。

matagotch.hatenablog.com

クリプト・オブ・ネクロダンサー

f:id:matagotch:20180311174326j:plain
PCゲーム(Steam)やモバイルゲームで人気の、「風来のシレン」や「トルネコの冒険」のようなランダム生成マップのダンジョンRPG。

死ぬとすべてを失う、プレイヤーの成長要素は無い所謂「ローグライクゲーム」に属する、アーケードスタイルのゲームですが、ダンジョン内で手に入るアイテムの種類は増やせるハイブリッドなシステムになっています。 いわゆる「ローグライク」ダンジョン探索ゲームでありながら、「リズムゲーム」をミックスしたようなユニークなリアルタイムのアクションゲーム。

主人公”バード”を選べば正統派のターン制ダンジョンに、"イーライ"ならボンバーマン、スイッチオリジナルの"リーパー"ならピクミン風?(笑)、といった風に、主人公を切り替えることで多彩なゲームプレイが可能な、何度でも遊べるお得なスルメゲーム。iOS / Androidの方が低価格ですが、Switch版はボーナスコンテンツも豊富で、非常にお買い得となっております。コントローラーの方が快適に遊べるのでスイッチ版の方がオススメです。

matagotch.hatenablog.com

Toki Tori 1, 2+(トキ・トリ1,2+)

ゲームボーイ時代から愛されている『TokiTori』は、心と頭の清涼剤にピッタリな、すごくシンプルで頭を使うパズルゲームです。 たったの400円!?というコスパの良さも評価基準に含めると、もっと上位にランクインしても良いかもしれません。大作ゲームの箸休めにちょうど良いカジュアルゲーム。

f:id:matagotch:20180902170202p:plain
続編にあたるTokiTori2+はアクションが敵を呼び寄せる「口笛」と逆の「足踏み」の2種類に減り、パズル要素が弱くなったぶんアドベンチャーっぽさが増しています。ジャンプは相変わらずできません。 個人的には詰将棋的なTokiTori1の方が好きですが、こちらもおすすめです。

Planet Alpha(プラネットアルファ)

横スクロールのパズルアドベンチャー。ジャンプしたり隠れたり、壁を登ったり、岩を動かしたりしてひたすら走るだけのパルクールアクションです。 リトライの速い死にゲーでも不快さは無く、難易度も高くなく低くなく、全体的に悪くないんですが、単調すぎて「移動時間が長いRPG」をプレイしているようでつらく感じる時間がありました。

それを補って余りあるのが圧巻の映像美。これでもうすこし物語性が高ければもっと完璧だったのに……と残念に思わない点がないわけでもないですが、スクショを見てピンときた方にはおすすめです。

Furi(フリー)

さながらゲーム版、SF版「キル・ビル」とも言うべき、スタイリッシュなSF時代劇アクションゲーム。とにかくグラフィックと音楽が最高で、世界観やデザイン重視の方には刺さるゲームだと思います。バトルは超ハイスピードの格闘ゲームスタイルで、結構シビアなタイミングと反射神経が要求されます。

matagotch.hatenablog.com

Overcooked(オーバークック)

f:id:matagotch:20180311174423j:plain
二人のシェフを交互に操って料理を作り、お客の注文をこなす厨房パズルアクション。 「ルール・操作は簡単ですぐに覚えられる」のに「複雑なゲームプレイ」が楽しめるという、名作の条件を備えた人気ソフト。 当記事は1人プレイ時の評価を基準にしていますが、2人プレイなら『Overcooked』が一番かもしれません。

ゲーム自体の面白さも去ることながら、スイッチで増えた「一人で二役も三役もこなすゲーム」のトレーニング用ソフトとしてもおすすめ。Nintendo Switchに乱立する”マルチプレイ協力ゲーム”の中でも最も代表的なソフトにあたるので、まずは『オーバークック』でSwitchのマルチタスク操作に慣れてから、『Aegis Defenders』のような他ソフトにステップアップするとスムーズ。

シリアルクリーナー

70年代アメリカ映画テイストの、フラットデザインのグラフィックがおしゃれな、簡単操作のステルス(潜入)アクションゲームです。

matagotch.hatenablog.com

送り犬

文字と簡単なイラストだけで構成される、選択肢によってシナリオが変わる、『かまいたちの夜』のような古き良きノベルアドベンチャーゲーム。 1話あたりもちょうどいい短かさで、寝苦しい夏の夜にサクッと遊べ流良質なゲームです。

LOVERS:みんなですすめ!宇宙の旅

f:id:matagotch:20180311180639j:plain 音楽とグラフィックのコミカルなセンスが秀逸な、協力型のシューティングゲーム。 シューティングゲームとは言っても「宇宙船」を操作するのでは無く、船内の「船員」達を操作するユニークなシステムを採用しています。

おすそわけのマルチプレイにも対応しているゲームで、女性受けが良いおしゃれなグラフィックと単純な操作性が相まって、パーティゲームとしても秀逸。もちろん、一人でじっくり遊ぶも好し。 ゲームプレイ自体の面白さというより、おしゃれでキュートなグラフィックがとにかく魅力的で、デザインやアート好きの方なら、軽くプレイしておいて損はないソフト。知名度は低いんですが、個人的にけっこう好きなゲームです。

matagotch.hatenablog.com

WORLD TO THE WEST(ワールド・トゥ・ザ・ウェスト)

f:id:matagotch:20180311174933j:plain
『ゼルダの伝説』的な見下ろし型のアクションRPG。前半は複数の主人公が出会ったり、別れたりしながら、ゆるく協力して一本道の物語を進めて行きます。4人がそろった後半は、広大なマップを自由に探検してアイテムを集めるパズルアドベンチャー。 知名度は高くないゲームなんですが、控えめで上品な演出と、作品全体に漂うもの悲しさとか、ちょっとしたユーモアの感覚が好印象な作品。

やさしいグラフィックの割には、部分的に難易度が上がる瞬間があり、どのゲーマー層におすすめすべきソフトなのか判断が難しいんですが、基本、隅々まで丁寧に作られた佳作です。人によっては後半を単調に感じるかもしれませんが、基本、お金の元はとれるゲームです。画面が暗いので、テレビのコントラスト設定によっては、行き詰まる場面もありました。そういうときはSwitch本体でプレイしてみるのがおすすめ。

ショベルナイト

f:id:matagotch:20180311204721j:plain
剣でも銃でもなく、”ショベル”で戦う騎士が主人公の、RPG的なファンタジー・テイストの2Dサイドビューアクションゲーム。 『ロックマン』のような、手応えのあるスタンダードな傑作2Dアクションを、Nintendo Switchでお探しの方にはイチオシのおすすめのソフトです。

スーファミの名作を思い起こさせる、すっごく良くできた完成度の高い良作アクションで、評判も高く、個人的にも、もっと上に紹介しても良いんじゃないか…と思うんですが、スイッチのダウンロード専売インディーゲームの中でも、2Dアクションのカテゴリは他にも飛び抜けて優れた作品が多く、”独自性”を評価して、並べてみるとこの位置になりました。

Flinthook


『Flinthook』はローグライクのサイドビューアクションゲーム。ロックマンに「フック移動(ワイヤーアクション)」と「スローモーション」という独自要素アクションを加えたような操作感で、アイテム集めや成長要素もあり、能力を組み合わせて自分なりのプレイスタイルを見つける楽しみもあります。

何度でも遊べるランダムマップ、デイリークエストやウィークリークエストのランキング、高難易度モードといった、やりこみ要素の強いずっと遊べるゲームシステムは、言うなれば「無限に遊べるロックマン」。

実はまだクリアしておらず、たまに思い出してチマチマ進めています。上達すればするほど面白くなるゲームにも見えるので、そのうち順位の変動があるかもしれません。 アクション好きなら買って損はない、ソツなく丁寧に作られた良作です。

matagotch.hatenablog.com

Bloodstained : Curse of the Moon

ファミコン版「悪魔城ドラキュラ」の新作みたいなアクションゲームです。プレイ感はファミコンそのものですが、死んだあとの再スタート位置が昔のゲームよりは親切で、ファミコンのソフトと比べると遊びやすくなっています。最新ゲームが好きな方には厳しいゲームソフトですが、レトロゲームファンには安心しておすすめ出来るインディーゲームです。

スチームワールド・ディグ2

f:id:matagotch:20180311175135j:plain
ツルハシを持った主人公から想像する『マインクラフト』のような自由度の高いサンドボックスゲームでは無く、『ミスタードリラー』のようなアーケードスタイルのアクションゲームとも違う、固定マップの2Dサイドビュー探索型アクションRPG。 ジャンプで壁を上ったり、ツルハシで穴を掘ったり、ボムで敵を倒したり壁を壊したり…とアクションが多彩で操作してるだけでも楽しいゲーム。

すごく完成度も高く、欠点も無いんですが、光る個性とかパンチに欠けるので、粒ぞろいのSwitchのダウンロードソフト中にあって、この順位になってしまいました。内容的には『Hollow Knigth』とかとかぶるので、単純にグラフィックや世界観の好みかもしれません。

キャットクエスト

f:id:matagotch:20180311180257j:plain
猫が主人公のアクションRPG。ストーリー性は皆無で、クエストを淡々とこなしつつ、広大なオープンマップを自由に探索する冒険物語。 高度なアクションは要求されず、基本レベルを上げさえすれば攻略できる、低めの難易度。登場キャラクターもゲームシステムもゆるい感じで、プレイしていてると妙に心が落ち着くゲームです。 気合いの入った最新ゲームに疲れたとき、たまに息抜きに遊べる良品。

暗い雰囲気で、難易度の高い作品の多いインディーゲームの中にあって、キャットクエストは小さな子供でも遊べそうなライトさや安心感が売りです。とはいえ大人の自分でも好きなゲーム。密かな人気作で、続編の製作も発表されています。

iOSでも発売されていて、iPadや大画面のiPhoneをお持ちなら、スイッチじゃ無くても快適に遊べます。

matagotch.hatenablog.com

シェルター ジェネレーション

そもそも「ゲーム」という枠組みではくくれない、教育ソフトやメディアアート的な作品。ゲーム的には絵本テイストのグラフィックで描かれたオープンマップのフィールドを走ったり、獲物を捕らえるだけですが、好きな人は好きみたいです。雰囲気に浸りたい人向けのゲーム。 matagotch.hatenablog.com

ニューロボイダー

f:id:matagotch:20180311175722j:plain
アクション・シューティング型のローグライクRPG。毎回ランダムに変わるダンジョンの最深部を目指す、アーケードスタイル(=死んだら何も残らない系)のシューティングゲーム。 シューティングとは言え、アクションの爽快感は低めで、攻略にはリソース管理が中心のRPG色が強いゲームです。2つ装備できる武器の種類によって、攻撃方法がガラリと変わるので、お気に入りの攻略スタイルを発見する楽しみがあります。ネットスコア対応のデイリークエストも楽しい。値段が安くて、お金の元はとれる小粒なソフト。

matagotch.hatenablog.com

EARTH WARS(アースウォーズ)

f:id:matagotch:20180311173424j:plain
自機のカスタマイズと、格闘ゲームのような多彩なコンボが魅力的な、2D横スクロールのハクスラ系アクションゲームです。パッケージ版タイトルに匹敵するグラフィックの完成度で、もともとPS4とXboxでは2,000円だったのが、Switch版では500円で販売されているというお得なソフト。 横スクロールではなく、『Diablo』的な見下ろし型のハクスラが好みなら『IMPLOSION』がおすすめです。

matagotch.hatenablog.com

ガンズゴア&カノーリ

f:id:matagotch:20180311175401j:plain
アメコミ風のグラフィックが印象的な、2Dサイドビューのゾンビアクションゲーム。 フィールドを疾走するジャンプアクション的な要素は無く、球切れに注意しつつ、ひたすらゾンビを銃で打ちながら、左から右に進んでいくゲームです。 自分には合わなかったんですが、ずっとスイッチのダウンロードソフト売り上げランキング上位に居残っているので、世間的には評価の高い作品なのかもしれません。 パーティーゲームとしてはすごく面白そうなソフトで、マルチプレイでの評価はガラリと変わると思います。

matagotch.hatenablog.com

Dear My Abyss(ディア・マイ・アビス)

f:id:matagotch:20180311174950j:plain
文字だけのサウンドノベルゲーム。突然届いた”燃やせない本”をきっかけに、3人の女子高生の日常が徐々に狂っていく怪奇物語。アメリカのカルト作家、H. P. ラブクラフトの創作した『クトゥルゥー神話』をベースにしたホラー作品です。

『かまいたちの夜』のようなパラレルワールドのショートストーリー集では無く、ほぼ一本道のストーリーをがっつり読ませるタイプの、ゲームと呼ぶより「長編小説」に近い作品。

物語の内容は割と好きだったんですが、ストーリーの長さに反して一度に見られる文章の量が少ないので、少しテンポが悪いなぁと、システム面への不満を感じました。 ほぼ一本道の"小説”なので、人によってはゲームとしては評価が難しいソフト。単純に自分が小説好きなので高めの評価になりましたが、一般受けするかどうかは不明なソフトです。より一般的なテキストアドベンチャー・ゲームを求める方には、『レイジングループ』の方がおすすめです(ただし『レイジングループ』はSwitchだけでなく、モバイルでも発売されています)。

matagotch.hatenablog.com

評価まとめ

まだまだ『レイジングループ』とか『Yoku’s Island』『セクシー・ブルテイル』『Mr. Shifty』『Brawlout』『TINY METAL』とか遊びたいゲームソフトがたくさんあるんですが、面白そうな新作がスイッチに毎週のように登場するので、なかなか手を付けられずにいます……なんて贅沢な悩み。

「セールになったら買う」という方も多いと思うんですが、スイ ッチ内のニンテンドーeショップだけでなく、アマゾンのオンラインコード版もセール販売されていることがあるので、こちらも是非チェックしてみてください↓

https://amzn.to/2K72SKEamzn.to

繰り返しになりますが、当記事で紹介したゲームはどれもそれなりに面白かった作品で、順番は自分の好みなので、あまり気にしないよう、お願いします。 お好みのゲームを見つける手助けが出来たら幸いです。

おすすめ記事

matagotch.hatenablog.com