YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

シェルター ジェネレーション 評価レビュー[Switch] 山猫の親子の冒険。動物と自然が好きな人向けアート寄り作品集

スポンサーリンク


f:id:matagotch:20180829202846j:plain
スイッチのダウンロードソフト『シェルタージェネレーション(Shelter Generations)』のプレイ感想・評価レビューです。 ec.nintendo.com

目次

『シェルタージェネレーション』紹介


【Nintendo Switch】シェルター ジェネレーション 紹介映像 スイッチ『シェルター ジェネレーション』はヤマネコの母親の生活を体できる「シェルター2」と、子供の物語「Paws」、絵本2冊とサントラからなるオムニバス作品です。

プレイした感想

シェルター2

f:id:matagotch:20180829202948j:plain
スイッチの『シェルター ジェネレーション』に収録されているのは、シェルターシリーズの第2作目にあたる「シェルター2」です。シェルター1は収録されていません。1はアナグマが主人公の物語だそうです。第1作目はPCゲーム配信サービス「Steam」で配信されています。

f:id:matagotch:20180829203949j:plain
『シェルター ジェネレーション』のメインメニューから、メインゲームのひとつ「シェルター2」を起動。

f:id:matagotch:20180829203833j:plain
まだヤマネコ一匹しかいない状態で、チュートリアルを兼ねた荒野の孤独な逃避シーンから始まります。

f:id:matagotch:20180829204005j:plain

f:id:matagotch:20180829204047j:plain
母ヤマネコの物語が幻想的な演出で語られ、子供が誕生。 あとは基本的にひたすら狩をして、子供にエサを与えて育てあげる感じです。

f:id:matagotch:20180829204138j:plain

f:id:matagotch:20180829204256j:plain
巣穴の位置は、一度見失うと発見しづらいので、ゲーム始まってすぐ、子供たちの位置を確認しておくことをおすすめします。

f:id:matagotch:20180829204904j:plain
ダッシュでウサギやネズミ、キジ、シカなどの獲物を追いかけて、体当たりすると捕まえられます。仕留めた獲物は口にくわえたり、落として子供に与えたりできます。

f:id:matagotch:20180829204314j:plain
動物は保護色になっていて見つけにくいんですが、Bボタンを押すと「ハンターの目」みたいな状態になって、背景が白黒になり、動物が赤色で強調表示されたり、地図上の主要なポイントがアイコンで表示されたりします。

f:id:matagotch:20180829204743j:plain
子供に餌を与え続けると動けるようになるので、オープンマップを自由に移動して探検可能。子供を育てる以外に目的はなく、どこに行ってもかまいません。

逆に言えば、子育てさえすればスタート地点付近から動かなくてもクリア可能と思われます。 何もしなくても季節が自動で流れます。

f:id:matagotch:20180829204939j:plain
アイテムも落ちてますが、効果のほどは不明。ただの勲章のようなものかもしれません。

f:id:matagotch:20180829204432j:plain
Rボタンでコレクトしたアイテムの数が確認できますが、コンプリートするのはかなり大変そうです。

f:id:matagotch:20180829205340j:plain
フィールドは生態系の異なる4つのに大きく分かれています。

f:id:matagotch:20180829205601j:plain
冬になると川の水が凍って渡れるようになったりします(氷が解けると戻れなくなります)。 母親は川でおぼれようが、外敵に攻撃を受けようが、落下しようが死ぬことはありません。子供はそうではないので、危険にさらされるたび、適切な行動で切り抜ける必要があります。

f:id:matagotch:20180829205440j:plain 初期マップにはいなかった、大型動物を捕まえるのなんかはすごくエキサイティング。

f:id:matagotch:20180829205532j:plain
おおざっぱなマップはLボタンで確認できます。

時間が自動で流れるので、誰が遊んでもクリアまで数時間程度しかかからないミニゲームです。派手なアクションや分かりやすいRPGアドベンチャーをお求めの方にはおすすめできませんが、動物が主役の絵本が好きだったり、アーティスティックな自然表現に興味がある人におすすめのインディーソフトです。

Paws

f:id:matagotch:20180829203005j:plain
「シェルター2」がヤマネコの母親視点の物語であるのに対し、「Paws」は子供が主人公の物語。 主人公が子供の為か、「シェルター2」より”冒険感”の強いストーリーです。 大人目線から子供目線に変わるだけで、美しかった自然がとても恐ろしかったり幻想的に見えたりと、視点の違いによる印象の違いが楽しめます。

f:id:matagotch:20180830222800j:plain
相変わらずの美しいグラフィック。視点が低めです。

実は自分、結構3D酔いするタイプで、「シェルター2」でも割と限界だったんですが、「Paws」の子供視点だと30分も持たず気持ち悪くなります……。3D酔いする方は注意してください。

絵本「森の奥深くへ行こう」「孤独な霧」

f:id:matagotch:20180829203021j:plain

『シェルター ジェネレーション』には紹介した2つのゲームに加えて、「森の奥深くへ行こう」と「孤独な霧」の2冊の絵本が収録されています。

f:id:matagotch:20180829203159j:plain
「孤独な霧」の方は書籍のそのままデジタル化したような、画像のスライドショーのような絵本。ちゃんとした市販の絵本クオリティです。

f:id:matagotch:20180829203308j:plain

f:id:matagotch:20180829203334j:plain
もう一冊の「森の奥深くへ行こう」はデジタル表現としてちょっと変わっていて、「イソップ物語」のような動物の”寓話集”の体を取りながら、物語を「動物たちと一緒に聞く」という、インタラクティブな要素を与えているのが特徴的でした。

普通の書籍の絵本の値段を考えるとすごくお得なゲームだと思います。

サントラ

f:id:matagotch:20180830222535j:plain
「シェルター2」「Paws」の楽曲が別々に収録されています。アコースティックの静かな音楽で、作業BGMにもってこいの曲です。

評価まとめ

『シェルタージェネレーション』はわかりやすいアクションやRPGをお求めの方にとっては「?」なゲームだけど、動物がすごく好きな人だと感動するそうです。口コミの評判は賛否両論で、やや「賛」の方が多い気がします。 ゲーム以外のデジタル表現にも興味のある方にもおすすめです。

しかし3D酔いするので、3Dに弱い人はご注意ください。

「Switch ゲーム」おすすめ関連記事

matagotch.hatenablog.com