YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

Google HomeでIFTTTからLINEにメッセージを送る方法

スポンサーリンク

デフォルトではLINEに非対応のGoogle Homeですが、IFTTTを利用してLINEグループへのメッセージの送信ができます(ただしメッセージの受信はできません)。 matagotch.hatenablog.com

目次

IFTTT(イフト)とは?

ifttt.com
アプリ同士を連携するサービスです。 なにかのきっかけ(トリガー)と、それに対応するアクションをあらかじめ設定しておくことで様々な事が行えます。

今回は「Google Homeに話しかける(Google Assistant)」をトリガーに、「LINEにメッセージを送信する」アクションを設定します。

Google HomeでのIFTTT設定方法

IFTTT

IFTTT

  • IFTTT
  • 仕事効率化
  • 無料
iPhone・AndroidスマホにIFTTTアプリをインストールして、下記スクリーンショットに倣ってレシピを作成します。


IFTTTアプリの「My Applets」タブの+ボタンからレシピを新規作成、トリガーには「Google Assistant」の「Say a phrase with a text ingredient」を選択します。

What do you want to say?にGoogle Homeで設定したい音声コマンド名(例として「lineに $ と送信」)を入力、Languageに「Japanese」は選択。

アクションは「LINE」の「Send message」にします。IFTTTとLINEの連携を求められるので、事前にLINEのメールアドレス登録が必要。 Recipientに送信したいグループ名を、Messageに「TextField」変数を設定してセーブします。

Google Homeから「OKグーグル。ラインに〜と送信」と言うとLINEにメッセージを送れる


IFTTTの設定が成功したら、Google Homeに「オッケー、グーグル。ラインに〜と送信」と話しかけると〜の部分(Say a phrase with a text ingredientの$部分)が送信されます。

音声認識されないときのコツ。まずはアプリ「Googleアシスタント」で試してみる


Google Homeの音声コマンドWhat do you want to say?は何を入れても構わないんですが、最初What do you want to say?に「ラインで $ と送信」とカタカナで書いたら上手く動作しませんでした。 What do you want to say? に入力する内容は、Googleアシスタントアプリに話しかけた文字の表記そのままに設定する必要あります。

新しい音声コマンドを設定するときのコツとして、最初に「Googleアシスタント」アプリで試してみるのがオススメです。

Google アシスタント

Google アシスタント

  • Google, Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

まとめ

IFTTTのトリガーを「Google Assistant」にするのがポイントで、アクションを変えればGoogle HomeからTwitterのツイート、Evernoteでノート作成、Slack…と応用できます。

スマホでも音声入力はあるので「Google HomeのLINEなんて使い道あるの?」という気もしますが、普段からLINEで音声入力を駆使している人にとっては、画面に触らなくても返事ができるのは輪をかけて便利です。 スマホで見てGoogle Homeで返信するとか、スマホを持っていない子供と会話する、とか様々な用途が考えられます。

LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」は新着メッセージの読み上げや家族間のやりとりにも対応しているらしいので、日本人にはGoogle HomeよりLINE「Clova Wave」の方が向いているかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home
価格:15120円(税込、送料無料) (2017/10/7時点)


おすすめ記事

matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com