読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

Clipsの使い方

スポンサーリンク

iPhone/iOSのApple純正ビデオ撮影・動画編集アプリ「Clips」の使い方・完全ガイドです。動画と記事で、見ればできることが大体わかるように書いてみました。

www.apple.com

目次

Clipsの使い方動画

Clipsで作ったClipsのチュートリアル動画をYouTubeにアップしました。 スクエア(正方形)動画なので左右に余白があります。もう少し短くまとめてInstagramでシェアしたいところ。

さらに細かい情報は下の記事でご確認お願いします。

公式ヘルプの場所


左上の矢印アイコンを押すとこれまで作成した動画ファイルが管理できます。


動画ファイル管理画面で右上の?アイコンを押すとClipsのヘルプ/マニュアルが見れます。

撮影方法

Clipsの初期画面です。長押しで録画ボタンを押している間、ビデオを録画できます。 撮影中はピンチ操作でズームも可能。

Clipsでは、録画を繰り返して、複数の場面(クリップ)を繋げて一つのビデオを作成します。


撮影したビデオ動画は、左下の再生ボタンで確認できます。


ビデオクリップをタッチすると編集できます。 ハサミ(カット)ボタンで左右のハンドルで長さを調節したり、ゴミ箱ボタンで削除できます。 右上の↓ボタンを押すと、クリップを写真アプリに保存(ダウンロード)できます。

長押しでクリップを動かして、場面の前後を入れ替えられます。


「写真」からカメラ写真も挿入できます。ボタンを押している時間の長さだけ、静止画が挿入されます。 「ライブラリ」を選ぶとフォトライブラリからカメラ写真が挿入できます。

ライブタイトル(テロップ)


Clipsの目玉機能「ライブタイトル」です。左上のTボタンでテロップの種類を選ぶと、テロップ(画面のテキスト)を音声で吹き込めます。

喋りながら長押しで録画ボタンを押すと、話した内容が文字起こしされます。 自分の声を入れたくないときは、マイクをオフにすればテキストだけ入力できます。

写真にも文字を入れられます。 プレビューから、吹き込んだテキストをあとからキーボードで修正もできます。

フィルタ・エフェクト


真ん中のエフェクトボタンで画面の効果を変更できます。 テキストのアフレコはできませんが、画面エフェクトは撮影後でも変更できます。

オーバーレイ(ステッカー)


☆ボタンから、ビデオ上にスタンプ・ステッカーが押せます。 Clips上ではオーバーレイと呼びます。


オーバーレイは複数配置可能。 タッチして動かしたり、削除したりできます。

ポスター


静止画のテンプレートがあらかじめ幾つか用意されています。Clipsではポスターと呼びます。

音楽・サウンド


BGMをつけられます。 自分は詳しくないんですが、けっこう一流のアーティストが揃ってるみたいです。

シェア


完成した動画はiPhone本体に保存したり、インスタグラムやFacebook、LINE、YouTube、VimeoなどのiPhoneの他アプリでシェア/アップロードできます。

Clipsで作成されるのは正方形のスクエア動画なので、SNSでのシェアがAppleおすすめ?

まとめ的な感想


本当にざっくりとですが、iPhoneのClipsの使い方でした。

Clipsはこれ以上ないくらいシンプルで扱いやすい動画撮影アプリです。初心者でも迷うことなくそこそこ複雑な動画撮影・編集ができて感動です。

今回、iPhone SEで撮影したんですが、音声入力機能のおかげで、キーボードが入力しづらい小型端末でも余裕でテキストを扱えました。

あまりに簡単なので、料理のレシピやハウツーなど、ちょっとした日常の記録に利用しています。水の流れる音やテレビなどのちょっとした雑音で、音声認識の精度が著しく下がるのが難点ですが、人生初のビデオ制作を楽しんでいます。

個人的にはYouTubeに上げたいので、横長の動画も撮れるとうれしいところ……時代の並に乗り遅れてVineもインスタもスルーしてしまったので、これから本格的に動画デビューしようと思います。

Clips

Clips

  • Apple
  • 写真/ビデオ
  • 無料