YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

星野リゾート「ロテルド比叡」ホテル宿泊レビュー。パワースポット・発酵食品・フレンチがテーマ

スポンサーリンク

紅葉の京都観光目的で宿泊した星野リゾート「ロテルド比叡」の口コミ評価・レビュー記事です。 www.hotel-hiei.jp

アクセス。パワースポット「比叡山」という立地がスゴい

星野リゾート「ロテル・ド比叡」は京都と滋賀の県境のギリギリ京都側、有料道路の比叡山ドライブウェイの中にあります。 自動車で行きましたが、京都駅から送迎バスが出ているので車なしでも行けます。

大方の人には学校の教科書で「信長に焼き討ちされた」と記憶されている比叡山・延暦寺観光がセットの宿泊施設です。

www.hotel-hiei.jp

「発酵」「フレンチ」がテーマのコンセプチュアルなホテル

ロテルド比叡の食事はどちらかというと京都色よりも滋賀色が強く、滋賀県産の食材や観光案内が中心になります。

  • 日本のお茶の生誕地が滋賀ということにちなんだ「発酵茶」の飲み比べ
  • 同じく発酵食品であるワインテイスティング講座
  • 鮒寿司などの滋賀県の発酵食品を食材に活かしたフレンチコース料理
  • 早朝6時集合の延暦寺の朝のおつとめ

などの体験講座が充実していて、山奥のホテルながら一日中退屈することなくホテル内で過ごせます。

部屋のインテリアはフランスの地名に沿ったテーマ


部屋には「パリ」「サヴォイ」「ブルターニュ」などフランスの地名がつけられており、それぞれ山や海、都会など部屋名に習ったインテリアになっています。宿泊した部屋は山岳地方の「サヴォイ」で、山小屋風のインテリアです。

和の食材を生かした新感覚フレンチ・ディナー


Webサイト申込み「アップグレードディナープラン」の宿泊予約だと、ディナーは滋賀県の食材を活かした新感覚のフレンチで、どのプレートも滋賀県の発酵食品がメインになっているのが特徴でした。


朝食も抜かり無い感じです。

夜遅くまでくつろげるティールーム

ロテルド比叡のティールームは無料のお茶やコーヒー、菓子類がついていて夜12時までオープン。屋内とテラス席で琵琶湖を眺めながら遅くまでゆっくりくつろげますできます。夜は寝酒にウイスキーも提供されます。


ロテルト比叡は結婚式場をリノベしたような建物で、運動したくなったら庭をブラブラできます。

コンセプチュアルなライブラリ


ロテルド比叡のライブラリの「発酵食品」「ワイン」「フランス料理」「絵本」などテーマに沿った選りすぐりの選書も見どころの一つ。 ここでもドリンクとおつまみが置かれているので、読書しながら時間を潰せます。

アメニティ

ロテルド比叡に温泉は無いので部屋ごとのお風呂になります。温泉ではありませんが「比叡の霊水」と呼べばむしろありがたい感じがします(笑)。

アメニティは「玉の肌石鹸」のシャンプーとリンス、ボディソープ。部屋に付属の冷蔵庫は最低限のものしかありませんが、館内に無料の食事やドリンクが充実しているので困ることはありません。

まとめ。立地、アクティビティを含めるとお得


ロテルド比叡は決して安くはない宿泊料金ですが、発酵茶講座、ワインのテイスティング、延暦寺の早朝のおつとめなど、ここでしか楽しめない無料の各種アクティビティを含めるとすごくお得。 特に早朝6時前集合の「延暦寺のおつとめ」は延暦寺会館とロテルド比叡の宿泊客にしか参加できないので外せません。 有料のスパ・マッサージもあるので早めにチェックインして一日ゆっくり過ごせます。

ロテルド比叡のリノベ感むき出しの建物自体は他の星野リゾートホテルほど魅力的ではなく温泉もついてませんが、「発酵茶」や「延暦寺のおつとめ」など、ロテルド比叡でしか味わえない各種体験や接客サービス、パワースポット「比叡山」の立地に納得できれば、食べて・遊んで・学べる体験型のおすすめのリゾートホテルです。