YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

人生がときめくmacOS Sierraにアップグレードしてみた

スポンサーリンク

新OSの目玉はお片付け

iOS10に比べて地味なアップデートといわれていますが、新macOSはコンパクトさと片付け機能が真の魅力。 ストレージ不足に悩む古いMacbookユーザーにこそオススメのOSです。

さっそくAppStoreからインストールして、実際にどれだけ空き容量が増やせるか試してみました。

目次

ストレージ最適化機能の使い方

アップグレード前の空きストレージは18.75Gです。

アップグレード後のスクリーンショット。 機種はMacbook Pro 13(Retina, Mid 2014)、Core i5 2.6GHz、メモリ8G、SSDが120GのOSXEl Capitanです。

新ストレージ管理機能には左上アップルメニューこのMacについて > ストレージ > 管理…からアクセスできます。

視聴しおわったコンテンツの自動削除機能や、どのアプリケーションやファイル、フォルダが容量を無駄にしているか診断する機能があります。

発見した不要なファイルはその場で削除できます。 Windowsのコントロールパネルみたいな画面でアプリも削除可能です。

使わないファイルのクラウドストレージへの自動バックアップ機能もあります。

謎の巨大ファイルの削除

肥大化した開発ログの捕獲と駆除に成功しました。

GarageBandのアンインストール

アンインストールしたはずのGarageBandの不要ファイルが圧迫していました。 管理画面からは削除できなかったので、Finderで探して手動で削除しました。

/Library/Application Support/GarageBand/Logic/Library/Audio/Apple Loops/Appleです。

iPad、iPhoneのバックアップを削除

以前はどこにあるかわからなかったiPhoneのバックアップファイルも管理画面から(バックアップが不要な方は)削除できます。

実際どれくらい空き容量が増えた?

前出、アップグレード前の空きディスクは18.75Gです。

アップグレード直後のスクリーンショットです。この時点で既に38.68Gに増えています。

不要ファイル削除後のスクリーンショット。クリーン後の空き容量はインストール前の2倍越41.94G。アップグレードにより23G以上の空き容量が増加しました。 もともと少ない120Gの内蔵ディスクでこれは嬉しい…。

ふだんから限界まで不要なファイルは消していたつもりですが、それでもディスク全体の20%も無駄が解消されました。

インストールにかかった時間

サイズ4.77Gのアップデータのダウンロードに3分、インストールして再起動するまで1分、再起動後のインストール時間が30分。数クリックでアップグレードできました。

必要なファイルを消したりしない?

XCodeの必要コンポーネントも削除していたようで、起動時に必要コンポーネントが再ダウンロードされました。 回復不能なファイルは消したりしないと思います(たぶん)。

動作確認済みアプリ


XCode 8、Android Studio2.1と2.2、Chrome、Atomエディタ、Slack、Kindle、LINE、Skype、Pixelmator、Graphic、Simplenote、Cheetah3Dは問題なさげです。

新製品のインストールは自己責任でおねがいします

その他の新機能

「Siri」の音声検索であそべたり、進化した「写真」「iTunes」「メモ」がつかえたり、iCloud Driveで書類がクラウドに保管されたり、AppleWatchでパスワード入力なしにログインできたり、「ユニバーサルクリップボード」でiPhoneとクリップボードを共有できたりします。

Siri

iPhoneの音声認識機能「Siri」がデスクトップにもやってきました。 日本語か英語どちらか一方の言語しか認識しないので、英語名のファイル名検索は微妙な感じです。

写真

写真はiOSと機能・操作性が統一されいい感じです。エフェクトなどの編集機能も便利。

メモ

メモは共同編集機能の追加で、地味な見た目に反してデカイ仕事が任せられるアプリに成長しました。

Night Shiftモード


バージョン10.12.4ではiPhoneなどと同じ夜間のブルーライトカット機能「Night Shift(ナイトシフト)」も搭載されてますますいい感じのOSになりました。

まとめ

お部屋もきれいにしたい方はコチラもご一読おすすめします。

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

Kindle Unlimitedの読み放題で読んで、ちょうど片付けの魔法にかかってた頃にやって来たSierra。 やはり時代はMacでミニマリストだな、と思いました。