YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

「ネスプレッソ(Nespresso)」3年越しの長期レビュー

スポンサーリンク


ネスプレッソはルンバ、ダイソン、洗濯乾燥機に並ぶほど自分の生活を変えた家電のひとつです。

美味しくて手軽。デカフェも充実してるので夜も安心してコーヒーが飲めます。

目次

購入ガイド

ネスプレッソは本体マシンと消耗品のコーヒーカプセル、通称「グラン・クリュ」が必要。 カプセルは都心に限られた実店舗か公式サイトからしか購入できません。

価格は本体が8,000〜18,000円、コーヒー1杯の値段(カプセル1個の値段)は80円前後。 味のバラエティも豊富でデカフェもあるので夜でも安心し美味しいコーヒーがいただけます。

マシン比較

イニッシア

シリーズ最廉価、シンプル・コンパクトのイニッシアはネスプレッソのスタンダードです。

最廉価とはいえ機能に不足なく場所とらず。 長く使えます。

カプセルを投入。

エスプレッソ(40ml)かルンゴ(110ml)どちらかお湯の量を選びます。

上位機種・新機種はボタンの数が多くお湯の量を細かくできるのが特徴ですが、イニッシアでも抽出中にボタンを押せばキャンセルして湯量を調節できるので機能的な大差はありません。

待つこと数10秒

家庭で誰でも美味しいエスプレッソがいただけます。

エアロチーノは必要?

デザインも良いのでミルクにこだわる人は買っても良いと思います。

専用のミルク泡だて器は他社製も含めて1年ほど使っていたんですが、しだいに洗い物が面倒になって自分は使っていません。 フチの金属の劣化で指を切ったりしたのも原因でした。

現在はホーローのミルクポット・ミルクパンに落ち着いています。 泡立ては100円ショップのミルクフォーマーで満足しています(写真が汚くてスミマセン)。

ラティシマ

ラテが好きで、本体の大きさが気にならないならラティシマがオススメです。 コーヒーだけでなく、ミルクも自動でいれてくれるので圧倒的に手間が減ります。

牛乳は外して冷蔵庫に入れ置きできるので、毎回入れ替える必要はありません。 ミルクのみの抽出も可能です。

カプセル購入方法、価格

消耗品のコーヒーカプセルは東京や大阪などの都市圏にある実店舗「ネスプレッソ・ブティック」か、公式サイトのネット通販でのみ購入可能です。

ネット通販は10個セットの1本から購入できて送料は450円。 15本(150個)以上の購入で送料無料になります。

支払いはカードのほか、代引も選択できます。

カプセルの賞味期限は約1年。

購入場所が限られていて面倒だな…と思うのは最初だけ。

Nespressoネットショップはなんと夕方17時までに注文すれば翌日から時間指定で受け取り可能。 実際に石川県で16時台に注文しても翌午前中に届きます(12時の5分前とか)。 祝日も対応しているので、お休み中にもよく注文します。

送料と賞味期限のバランスを考えて、自分は3ヶ月に1回ほどの感覚でネットショップから購入しています。 実店舗で買うなら正月の福袋もお買い得です。

Amazonや家電量販店で買える他社製のカプセルはおいしくないしコスパも悪いのでオススメしません。

おすすめのカプセル

エスプレッソ系はだいたい安くてお得です。 ミルクにも合う強めのインテンソでも「ローマ」カプセルは一個75.6円と安いのでのでオススメです。

ローマをベースに、季節限定カプセル、ルンゴ、でカフェをおりまぜて注文しています。 夜飲むことも多いので半分はデカフェのカプセルです。

最近、レギュラー入りした「エンヴィヴォ・ルンゴ」も好きな味です。

気になるランニングコスト。意外と節約できる?

カプセルひとつで90円くらいなので、牛乳も合わせて100円程度です。

さいきん美味しくなったコンビニのカフェラテ150円と比べて差額はたった50円…と思わないでもないんですが、毎日飲むとなると 365 x 50 = 18,250円の節約になります。 味の種類も多くて飽きにくいのもポイント。

ようやく1年で本体のモトがとれる程度ですが、実際にコンビニに行くとドーナツとか余計なモノまで買ってしまうし、スタバやなんかと比べるとさらにお得です。

ふだんコーヒー代がいくらかかってるか知らない人は、カプセルのまとめ買いで家計簿の透明化にも役立ちます。

ネスプレッソは嗜好品らしく売り出してますが、いろいろ含めて考えると節約効果も期待できます。

本体の購入はAmazonがお得

カプセルはともかく、本体は激安のAmazonがオススメです。

ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア ルビーレッド C40RE

ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア ルビーレッド C40RE

ネスプレッソ コーヒーメーカー ラティシマ・タッチ ホワイト F511WH

ネスプレッソ コーヒーメーカー ラティシマ・タッチ ホワイト F511WH

裏技!みそ汁もいれられます(笑)

カプセルを抜き忘れるとコーヒー味になるので注意です。

ドルチェグストと比較


ランニングコストの低いドルチェグストも気になりますか? 大丈夫。そんなときネスプレッソはドリップコーヒーも淹れられます(非公式)。 パックのインスタントコーヒーなら一杯20円くらい。お金がない日も乗り切れます。

逆にドルチェグストでは美味しいエスプレッソコーヒーはいただけません。 ドルチェグストと比較してもネスプレッソがオススメです。

まとめ

Nespressoはおいしくて飲み過ぎてしまうのが唯一の問題です。