YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

Amazon EchoのKindle本の読み上げ機能を使ってみた。音声品質や対応書籍を検証

スポンサーリンク


アマゾンのスマートスピーカー「Echo」が、Amazonで購入したKindle電子書籍の音声再生に対応。実際に、手持ちのEcho Dotで試して、対応書籍を調べてみました。

音声読み上げ機能の使い方

Amazon EchoでKindle本を読み上げてみた

Alexa(Amazon Echo)に

  • アレクサ、(本のタイトル)を読んで

と言う読み上げてくれます。他にも

  • アレクサ、次の章(前の章)を読んで
  • アレクサ、停止

といった命令に対応。

  • アレクサ、本を読んで

とシンプルにいうと、前回の続きから再生してくれます。早送りとか巻き戻しもできるそうですが、自分のEcho Dotでは動作しませんでした。

対応書籍、読み上げたい本はAlexaアプリから指定可能


読み上げたいKindle本は、スマホのAlexaアプリのメニューミュージック&本>Kindleからも指定できます。


EchoのKindle読み上げ機能の利用は、基本、ビジネス書や実用書、小説などの文字中心書籍に限られます。読み上げ機能対応・非対応書籍に関しては、Alexaアプリ上で確認、音声再生できます。

全ての小説に対応しているわけではなく、手持ちの小説の中ではなぜか「アルケミスト」みたいな有名な小説は対応していませんでした。 バグなのか、似たようなタイトルが多い作品はダメなのか、基準はわかりません。

Kindle Unlimitedにも対応


試してみたところ、Kindle Unlimitedでダウンロードした本も再生できました。

matagotch.hatenablog.com

Amazonストアで無料の「青空文庫」本も再生可能?


青空文庫の一部はAmazonストアで0円で販売されています。Amazon.co.jpで一度購入すれば、Echoで音声再生できるようになりますが、実際に試してみたところ、「銀河鉄道の夜」はOKなのに、「風の又三郎」はダメ、という結果でした。小説と同じように、一部対応していない書籍もあるみたいです。

雑誌・マンガは非対応


割合イラストが多めの本でも、文字コンテンツがあれば、割合、読み上げ機能に対応していますが、完全な漫画や雑誌は対応していません。

「Send to Kindle」で送った文書や、夜間飛行などのKindle対応メルマガは非対応

Amazonストアで販売されていない書籍に関しては非対応です。

まとめ

自分は本やゲーム、TVドラマ中毒ですが、目が疲れやすいので、今回のEchoのKindle本読みあげ機能は、「待ち望んで来た未来がついにやってきた!」という感動でひとしきりです。

今までも似た感じのニュース読み上げアプリが出るたびに試して来たんですが、やはりAIの人工的な音声になじめず、結局使わなくなったんですが、アレクサの読み上げ機能の音質については大満足。「Audibleが不要では?」と思うほど、聞き取りやすさは良好です。

残念ながら、スマホのAlexaアプリでは読み上げに対応していないので、車の中ではKindleの読み上げ機能が使えないのは残念です。 いずれAlexaアプリが読み上げに対応したり、SIM内臓のEcho端末が出てくれれば、車の中でもラジオやポッドキャストではなく、Kindle本が聴けるようになってうれしい限り。

スマホのKindleアプリやで読んでる位置と、Echoで読み上げする位置がWhispersyncで同期されると完璧です。 つくづくアマゾンは、正しい方向に舵を切るなぁ…と思いました。

おすすめ記事

matagotch.hatenablog.com

matagotch.hatenablog.com

matagotch.hatenablog.com

matagotch.hatenablog.com

matagotch.hatenablog.com

matagotch.hatenablog.com

matagotch.hatenablog.com