YDブログ

(Y)やりたいことしか(D)できない病ブログです。

Apple Watch Series 3(GPS+セルラー)購入レビュー。LTE通信は格安SIMに非対応、iPhone SEが最大のライバル?

スポンサーリンク

モバイル通信に対応したApple Watch Series 3でスマートウォッチデビューしてみました。 www.apple.com

目次

Apple Watch Series 3の仕様・スペック

価格とバリエーション


2種類のサイズとカラーバリエーション、LTE通信の搭載・非搭載があり、素材と大きさによって値段が違ってきます。

自分が選んだアルミニウム38mmの単体通信機能付きのアップルウォッチ3は税抜¥45,800円(税込¥49,464)。 LTE機能付なので、これにiPhoneで利用しているキャリアのオプション料金が追加費用としてかかります。

重さ

Apple Watchの重さはベルト付きで実測で52gでした。

旧Apple Watchシリーズ2との違い

なんといってもiPhoneがなくても単体でLTE通信が可能になった(セルラー版のみ)のが今回はじめてApple Watchを購入した動機です!高度計機能も付いたりしてセンサーも強化されているそうです。

開封・使ってみた

充電器とワイヤレスの充電台、長めの交換ベルトが付属してきます。


自分は手首がだいぶ細いんですが、標準のベルトでぴったりでした。女性がするにはちょっと大きめかな?というサイズです。


通信機能付きApple Watchはクラウンが赤いのでさらに男性的な印象。画面は自動的に消灯する省エネ使用ですが、ちゃんと必要な時には画面がつくのがいい感じです。


裏側です。

iPhoneありきのペアリング。しかもiOS11のみ対応


iPhoneがなければAppleWatchは使えません。しかもiOS 10のiPhone 7 / SEでは認識せず。 仕方なくiOS 11を搭載したiPhone 8でペアリングしました。 Apple Watchの画面のモヤモヤをiPhoneカメラに移すとペアリングが完了します。 iPhone 8の初期設定も同じ手順でした。

悲報……モバイル通信は格安SIM非対応


ペアリングが終わるとApple Watchのモバイル通信機能を使うため、キャリアのオプション契約ページに誘導されるんですが、 LINEモバイルやIIJ mioなどドコモ系のMVNO(格安通信会社)の場合はドコモの契約ページが開いて「ドコモの回線をお持ちでないお客様は、下記よりお手続きをお願いします。」とやんわり断られます…。

Apple Watch Series 3のLTE通信機能を使うには、3大キャリアのiPhone契約が必須条件。 しかもキャリアSIMと格安SIMを差し替えてもモバイル通信が使えなくなる仕様でした。

また通信キャリア暗黒時代に逆戻りするかと思うと涙がこぼれそう……。

格安SIM(MVNO)での動作については、下記事にて詳しく検証しています。 matagotch.hatenablog.com

ドコモ・au・ソフトバンク3大キャリア契約のiPhoneをお持ちの方は、下記事にて設定方法を紹介しています。 matagotch.hatenablog.com

Apple Watch Series 3でできること

Apple Watchの簡単な使い方


Apple Watchを操作はApple Watch横のクラウンやボタンを押したり、画面をスクロールしたり、画面をスワイプしたり長押したりすれば何か反応が得られます。入力は音声です。最初わけがわからなかったんですが、小一時間ほど使ってみたら慣れました。

Apple Watchの設定はすべてiPhoneありき。iPhoneの「Watch」アプリからApple Watchの文字盤のカスタマイズをしたり、アプリのインストールや音楽の転送を行ったりできます。

iPhoneとペアリングすると、iPhoneで利用しているWiFiへApple Watchも自動で接続したりします。 iPhoneが近くにあるならiPhoneとbluetoothで通信、iPhoneが近くになく、iPhoneでつなげたことがあるWiFiがあるならWiFiに接続、なければApple Watch本体のモバイル通信(セルラー盤のみ)という順序でネットワークにつながります。

Apple Watchの使い方・機能一覧は別記事にまとめています。 matagotch.hatenablog.com

Siri


赤いクラウンを長押しするとSiriの音声コマンドが使えます。連絡先にある相手へのメッセージの送信なんかもすごくスムーズにできます。

心拍数とSOS緊急電話


watchOS 4で追加された心拍数センサーです。平常時の心拍数より高い状態が続くと警告を鳴らしてくれるそうです。

危ないと思ったらApple Watchサイドボタンの長押しから緊急電話が掛けられます。 「緊急連絡先」を登録しておくと、緊急通話後にApple WatchがSOSモードに入り、位置などの情報が自動で緊急連絡先にが送られるそうです。 高齢者や持病がある方なんかはすごく助かるので、プレゼントにも良いかもしれません。

今でも実用性充分ですが、今後この機能がさらに進化(危険になったら家族に自動でLTEでテキスト通知が飛ぶとか)すると、高齢化社会のマストアイテムになるかもしれません。

support.apple.com

音声通話

Apple Watch単体での通信機能で、iPhoneがなくても音声通話も可能なはずですが、キャリアの回線が必要なのでまだ試せていません…。

Apple Pay

Apple WatchはApplePayにも対応してるんですが、iPhone 8にカードが登録できないので使えていません。 【追記】クレジットカード会社に問い合わせたら一週間で修正対応してくれました。iPhoneを出す手間が省けて便利です。

対応アプリ

地図


周りの状況が確認できたりルート案内してくれたりします。画面はちっちゃいけど、地図表示は拡大・縮小・スクロールに対応していてすごく普通に使えます。

音声入力で目的地を入力したりできますが、「金沢21世紀美術館」みたいな大きな施設も検索に引っかかりませんでした。

音楽(Apple Music)


Apple Music経由でApple Watchに繋いだBluetoothヘッドホンで音楽が聴けます。 あらかじめApple Watchに音楽を転送しておけば、iPhoneがなくても音楽を再生できます。 モバイル通信でストリーミング再生とかはできないみたいです。 自分が普段契約しているSpotifyも対応していない模様。

LINE、Slack、Facebook Messenger


iPhoneがなくてもLINEの通知が受け取れるというだけで購入を考えている人は多いと思います。実際すごく便利。 自分は普段、車の運転中にCarPlayの音声コマンドでチャットを使っているので、Apple WatchのLINEも実用性は十分でした。

ただしSiriの音声入力では固有名詞の入力が不可能なので、難しい擁護は一般的な単語に置き換えて話すなどの工夫が必要です。

さらなる悲劇…LINEやSlack、Messengerはモバイル通信下では使えない!?

Apple Watch 3のLINEはモバイル通信環境下では使えない模様です…。 一応がんばってメッセージの送信は可能にしたので、コチラの記事もお楽しみください。
matagotch.hatenablog.com

Slackもモバイル通信非対応。Facebook Messengerはアプリの完成度が低く、そもそも繋がってるか繋がっていないかも判らない状態でした。

Facebook Messengerは音声文字入力に非対応


Messengerは定型文やスタンプで返信できますが、音声認識によるテキスト入力には非対応。マイクボタンを押すと録音した「音声ファイル」を送信する感じになります。

ヘルスケア


ヘルスケアアプリで運動の消費カロリーが見れます。一日のカロリー消費目標も設定できるのでダイエットにいい感じ。もちろん健康管理アプリ「あすけん」とも連動できます。 matagotch.hatenablog.com

Apple Watchでできないこと

Apple Watchはできないことだらけです。 単体通信に対応したとのことでテザリング機能も期待してたんですが、そういう希望は早々に諦めました。

購入前に期待していたけど、できなかったことをリストアップすると以下のとおりです。

  • モバイル通信でどこでもLINE
  • Facebook Messengerで音声テキスト入力
  • Apple Musicでモバイル通信経由のストリーミング再生
  • iPadとペアリングできない
  • テザリングできない

iPad ProとApple WatchがあればiPhoneもMacBookも要らなくなる!と意気込んでいたのに、iPadとApple Watchはペアリングできないので、そもそもiPhoneがなければApple Watchは動くことすら叶いません。 ペアリングも1台しかできないのは、複数端末を併用している自分には辛い仕様です。

他のデバイスと比較

税込4.3万円に値下げされたiPhone SEが最大のライバル


実はiPhone SEの方がApple Watch Series 3よりも安かったりします。

運動中に邪魔にならないようにと、小型のiPhone SEを選り好んでいた人たちにとっては、これからはApple Watchという選択肢も出てきました。

iPhone SEの方が格安SIMが使えるメリットもあり予備機としても機能します。

わざわざ運動用にiPhone SEを「2台持ち」するのも手間だし、格安SIMも使っておらず、大型スマホも手放せない人はApple Watchが良いと思います。

こんな人にオススメ


単体の通信機能を内蔵したことでジムや散歩などの運動中にスマホが邪魔だけど、仕事の通知は見逃せない人にとって最高のデバイス。

自分の利用ケースだとiPad ProとApple Watch 3があればiPhoneを持ち歩く必要がなくなりそうです。通知はApple Watchでだけ受け取るようにすれば、心と体両方のヘルスケアになりそうです。Kindle Paperwhiteやpomera DM200と組み合わせて究極のデジタルデトックス・セットになります。 matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com

心拍数と緊急電話などの安心機能は、いざというときのためにApple Watchの操作に慣れておいた方が良さそうと思わせてくれます。

GPSなどのセンサー類や通信機能を備えたIoT端末として見れば、企業ユースも拡大するものと思われます。

まとめ

アップルウォッチはLTE通信か血糖値・血中酸素濃度などの追加センサー類が機能強化されるまでスルーしていたんですが、ついに単体での通信機能が実現されたので、はじめて購入してみたんですが、初日レビューは「Apple Watch 3で出来ないこと」報告だらけになりビックリしました。読んでくれた人には申し訳ありませんmOm。

iPhoneは「携帯電話」という器を「スマホ」と呼ぶことで世界中にネットワークの恩恵を広めましたが、Apple Watch 3で「腕時計」という器を得た形。

Apple Watch Series 3は期待したほど多機能ではないんですが「iPhoneがなくてもLINEのメッセージが受け取れる!」というだけで欲しい人は多いはず。それだけで十分需要があると思います(【追記】モバイル通信下ではLINEは使えない模様…)。

スマートスピーカーの登場やiPad Pro 10.5と合わせて、スマホ時代の終焉を予感させるワクワク感を与えてくれる最新ガジェットでした。

おすすめ記事

matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com matagotch.hatenablog.com